カブドットコム証券、リアルタイム株価自動更新サービス「カブボードフラッシュ」をリニューアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券が9月11日にリアルタイム株価自動更新サービス「カブボードフラッシュ」をリニューアルすると発表しました。

カブボードフラッシュとは、リアルタイムストリーミング機能によってユーザーが登録した銘柄の株価情報を一覧かつ自動更新で見ることができるサービスです(18銘柄×5ページで最大90銘柄登録可能)。

9月11日から、カブボードフラッシュにおける株価情報の配信速度が0.2秒~0.6秒高速化されます。また、ティッカーには、ニュースに加え、ランキングやお知らせ等の情報が追加されます。

カブボードフラッシュの利用料はカブドットコム証券のユーザーなら無料です。

新しいカブボードフラッシュの株価情報は、トムソン・ロイター社より提供されます。カブボードとkabuマシーンの株価情報は従来どおりQUICK社から提供されます。

よって、ロイター社もしくはQUICK社のどちらかでシステム障害が起こっても、カブドットコム証券のユーザーは生き残った会社から提供される情報を見ることで、株価を確認することができます。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2009年9月4日

リアルタイム株価自動更新サービス「カブボードフラッシュ」リニューアルのお知らせ
~ 新機能であるカブ板ボードフラッシュの提供、自動更新サービスを8年ぶりにリニューアル ~

 カブドットコム証券株式会社は、2009年9月11日より、リアルタイム株価自動更新サービスであるカブボードフラッシュサービスについて、新たに9銘柄の板情報を同時に閲覧可能とする、カブ板ボードフラッシュの提供開始、そして既存のフラッシュサービスに関しては、簡便化、高速化、機能向上となる新バージョンに全面改訂を行います。

新しいフラッシュサービスは、追加のプログラムのインストールを不要とし、ブラウザのみで稼動します。非常に高速で軽快に動作しますので、これまで以上に手軽に高機能なリアルタイム株価をご覧頂けるようになります。また、フラッシュサービスはこれまでと同様にカブドットコム証券に口座開設済みのすべてのお客様に無料でご利用いただけます。

<カブ板ボードフラッシュ>

カブボードフラッシュ1

● 今回のリニューアルの特徴

  • 1画面あたり9銘柄の板を同時配信するカブ板ボードフラッシュ画面を新たに提供します。
  • 配信速度が0.2秒~0.6秒高速化されています(※1)。
  • カブボードフラッシュの板画面では、複合板(2つの市場を組み合わせた板情報)機能が追加されます。
  • カブボードフラッシュ(18銘柄)では、PTSの現在値および最良気配が追加されます。
  • これまでの対応ブラウザであるInternet Explorerに加えFireFoxでも動作可能です。
  • JavaやActiveX等の追加プログラムのインストールは必要ありません。
  • ティッカーには、ニュースに加え、ランキングやお知らせ等の情報が追加されます。
  • Ajax技術を利用しており、特殊な通信は行わないため、セキュリティソフトによる接続エラーが無くなります。
  • クライアントのネットワーク速度に応じてデータ配信を行うため、切断されにくくなっています。

● 各機能追加の概要

カブボードフラッシュの板画面では、複合板(2つの市場を組み合わせた板情報)機能が追加されます↓

カブボードフラッシュ1

カブボードフラッシュ(18銘柄)では、PTSの現在値および最良気配が追加されます↓

カブボードフラッシュ1

これまでの対応ブラウザであるInternet Explorerに加えFireFoxでも動作可能です↓

カブボードフラッシュ1

ティッカーには、ニュースに加え、指数、ランキング、お知らせ等の情報が追加されます↓

カブボードフラッシュ1

● フラッシュサービスの提供機能





















1. カブボードフラッシュ
内容 対象商品 国内株式(東証、大証、名証、札証、福証、JASDAQ、ヘラクレス)
ボード(18銘柄)×5ボード 現在値、4本値、出来高、前日比、騰落率、気配、PTS現在値、PTS気配
板情報(複合板) 板(2市場同時表示)、現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、売買代金、年初来高値、年初来安値、PTS現在値、PTS騰落率、歩み値























2. カブ板ボードフラッシュ
内容 対象商品 国内株式(東証、大証、名証、札証、福証、JASDAQ、ヘラクレス)
ボード(9銘柄)×10ボード 現在値、4本値、出来高
板情報(複合板) 板(2市場同時表示)、現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、売買代金、年初来高値、年初来安値、PTS現在値、PTS騰落率、歩み値























3. カブボードフラッシュ90
内容 対象商品 国内株式(東証、大証、名証、札証、福証、JASDAQ、ヘラクレス)
ボード(90銘柄)×1ボード 現在値、前日比
板情報(複合板) 板(2市場同時表示)、現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、売買代金、年初来高値、年初来安値、PTS現在値、PTS騰落率、歩み値























4. 先物OPボードフラッシュ
内容 対象商品 日経平均先物、日経225mini先物、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、TOPIX Core30、東証REIT指数先物、日経平均オプション
3ボード

(日中取引、夕場取引、全日取引)
先物情報は、現在値、前日比

オプション情報は、現在値、4本値、出来高、前日比、気配、IV
板情報 板、現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、建玉、年初来高値、年初来安値、歩み値























5. カバワラボードフラッシュ
内容 対象商品 上場カバードワラント、店頭カバードワラント
ボード(18銘柄)×3ボード 上場カバードワラントは現在値、4本値、出来高、前日比、騰落率、気配、原資産現在値、原資産気配

店頭かバードワラントは、気配、前日比、騰落率、デルタ、ギアリング、プレミアム、原資産現在値、原資産気配
板情報(複合板) 板(2市場同時表示)、現在値、4本値、VWAP、出来高、前日比、騰落率、前日終値、売買代金、年初来高値、年初来安値、PTS現在値、PTS騰落率、歩み値



● 対応環境について













内容 OS環境 WindowsXP、WindowsVista
Webブラウザ Internet Explorer バージョン6以降

FireFox バージョン3.0以降



[各ブラウザの動作確認状況]






















  IE6 IE7 IE8 FireFox3.0 Safari Google Chrome
更新頻度

◎ リアルタイム表示確認ブラウザ(サポート範囲内)
○ ブラウザの制約により1秒またはそれ以上の周期での自動更新(サポート範囲外※2)
※2)OS、ブラウザの仕様によって、当社側での対応が難しいものを「サポート範囲外」としております。

● 当社の情報提供体制

新しいカブボードフラッシュは、トムソン・ロイター社より提供されます。これまでも、カブボード、自動売買、kabuマシーンはQUICK社からの提供、投資情報はトムソン・ロイター社からの提供と二本立ての情報配信体制を構築してきました。

今回のリアルタイム株価配信の対応で、さらにシステム障害に対するリスク分散が構築できる事となりました。 カブドットコム証券では今後もさらにお客様に安心してお取引いただけますよう尽力して参ります。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

カブドットコム証券の株価情報提供元、クイックに加えロイターを追加 二重化で障害に強く

カブドットコム証券、12月16日からロイター・ニュースの配信開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする