ジェイコム男BNF氏の儲けた銘柄ベスト10 2006年12月19日発売の週刊SPA!より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏が12月19日発売の「週刊SPA! 2006年12/26号」に出ているので購入しました。内容の紹介をします。

週刊SPA! 2006年12/26号 46~47P
資産150億円超の個人投資家B・N・F氏の儲けた銘柄ベスト10

1位・ (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ (東証1部:8306)・・・この銘柄だけで5億円くらいの儲け

2位・ソフトバンク(株) (東証1部:9984)・・・3億円くらいの儲け

3位・(株)三井住友フィナンシャルグループ (東証1部:8316)

4位・ (株)みずほフィナンシャルグループ (東証1部:8411)

5位・SBIイー・トレード証券(株) (JASDAQ:8701)

6位・アセット・マネジャーズ(株) (ヘラクレス:2337)

7位・ (株)インデックス・ホールディングス (JASDAQ:4835)

8位・住友金属工業(株) (東証1部:5405)

9位・三菱商事(株) (東証1部:8058)

10位・ (株)サイバーエージェント (マザーズ:4751)

▼今回の記事でBNF氏についてわかったこと

  • 相変わらず楽天証券マーケットスピードを使っている。また、SBIイー・トレード証券とリテラクレア証券も使っています。推測になりますが、マーケットスピードで板やチャートなどの相場情報を確認し、取引は3つの証券会社を併用しているものと思われます。
  • 2006年12月時点の資産は156億8154万428円
  • 2006年の年間トータルでは50億円くらいの儲け。3月末で30億円の利益があった。残りで20億円の利益。
  • 2007年は10億円儲けられればいい。
  • ツッコむ日は100億円以上買うこともあるが、一切買わない日も多い。
  • 5月以降は様子見の日も多くなった。
  • 専業トレーダーの方は毎日売買しているイメージがありますが、BNF氏は取引をしない日も多いようです。BNF氏の運用する資金が大きすぎて出来高が少ない日は手を出しにくいという事情もありそうです。

    それでは、最後に今年の相場に関してのBNF氏の言葉を紹介しておきます。

    Q:厳しい相場で50億円もの利益を生むことができたのは、なぜ?

    A:(BNF氏曰く)「厳しいとは言ってもITバブル崩壊後の相場に比べたら全然マシ。あれを経験している人は今年の相場でも十分儲けられたと思う。動き自体も似てたし、単純に経験の差ですよ。だから、今年の経験をうまく生かせれば、次ぎは乗り切ることができる。下げ相場じゃないと損切りの大切さは身につかないから」

    短期トレーダーにはロスカットが重要ということですね。

    ▼BNFさん関連記事

    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする