松井証券、携帯電話向けリアルタイム・トレーディングツール「ハイスピードα」のサービス開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券が10月27日から携帯電話向けリアルタイム・トレーディングツールのサービスを開始すると発表しました。トレーディングツールの名前は「ハイスピードα」です。利用料は無料で、ドコモのFOMA900iシリーズ以降に対応します。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

2006年10月25日

携帯電話向けリアルタイム・トレーディングツール「ハイスピードα」のサービス開始について
~株価自動更新機能付きツールを無料で提供~

株式会社インデックス・ホールディングス
株式会社シンプレクス・テクノロジー
松井証券株式会社

松井証券株式会社(代表取締役社長:松井 道夫 東証一部:8628 以下 松井証券)は、平成18年10月27日(金)18:00より、 株式会社インデックス・ホールディングス(代表取締役社長:小川 善美 JASDAQ:4835)子会社の株式会社インデックス(代表取締役社長:小川 善美 以下 インデックス)と、株式会社シンプレクス・テクノロジー(代表取締役社長:金子 英樹 東証一部:4340 以下 シンプレクス・テクノロジー)が共同開発した携帯電話向けリアルタイム・トレーディングツール「ハイスピードα」(※1)を全ての顧客に無料(※2)で提供いたします。

現在、松井証券では、株式取引のうち10%(※3)が携帯電話で取引されており、どこへでも持ち運び可能な携帯電話は株式取引に不可欠のツールとなりました。また、PC向けリアルタイム・トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」(以下 NSHS)は、本ツールで取引される比率が16%(※3)に達するなど、大変ご好評をいただいております。そこで、松井証券は、NSHSの高機能を携帯電話でもご利用いただくため、「ハイスピードα」のサービスを開始することといたしました。

「ハイスピードα」は、自動更新機能を備え、クリックなしで最新の株価情報や複数気配情報(板情報)を表示いたします。また、発注機能も兼ね備えており、携帯電話向けトレーディングツールとしては日本で初めて、複数気配情報(板情報)画面より直接注文が可能となりました。さらに、各種チャート、指数など多彩な投資情報を閲覧することができます。

松井証券、インデックス、シンプレクス・テクノロジーは、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。(※1) NTT DoCoMo FOMA 900iシリーズ以降の機種に対応しております(一部機種を除く)。
(※2) 通信料はお客様のご負担となります。なお、ハイスピードαは設定によっては自動的に通信が発生するため、高額のパケット通信料を請求される場合があります。ご利用にはパケット定額制サービスへの加入を強くお勧めいたします。
(※3) NSHSが正式リリースされた平成18年9月19日~10月18日までの約定件数ベースの比率。

以上

株価情報を最短5秒で自動更新できるトレーディングソフトということなので、携帯で株取引をやっているサラリーマンの方には朗報ではないでしょうか。

それにしても、やっぱりドコモのユーザーは恵まれていますね。ユーザー数が多いので、証券会社のモバイルサービスは大体ドコモから対応させていく場合が多いのです(マネックス証券のトレーディングツール株速ポケットは例外的にauに対応していますが)。

今回の発表を見てふと思ったんですが、ソフトバンクモバイルの孫さんは自社の携帯のユーザーを増やしたかったら、イートレード証券の「HYPER MOBILE」をソフトバンクフォンに対応させる動くべきですね。現在、ソフトバンクとイートレード証券が属するSBIホールディングスの資本関係はありません。しかし、ソフトバンクの孫さんとSBIの北尾さんは旧知の仲なのですから、携帯トレーディングソフトの開発で提携してもいいんじゃないでしょうか。

▼関連記事

携帯電話用トレーディングツール比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年1月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする