9月の株主優待 権利確定銘柄の紹介 マネックス証券のウェブサイトより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券は自社のウェブサイトで、毎月、魅力的な株主優待を実施する会社を紹介しています。

そのページは、株主優待に興味がある個人投資家にとって参考になる情報が載っているので、紹介しておきます↓

9月の株主優待銘柄のご紹介 – マネックス証券

マネックス証券のウェブサイトによると、今月は、下記の銘柄の株主優待がおすすめということです。

証券コード/会社名 株主優待の内容

詳細

株主優待解説ページ

カゴメ(株) 【2811】

毎年3月31日および9月30日現在の100株以上所有の株主様に、自社商品を下記の基準で贈呈いたします。お届けは、5月末と11月末を予定

・100株以上1,000株未満=1,000円相当の自社商品詰合せ

・1,000株以上=3,000円相当の自社商品詰合せ

カゴメのウェブサイト
日清食品ホールディングス(株) 【2897】

100株以上 1,500円相当の自社及び自社グループ製品詰合せ

1,000株以上 3,500円相当の自社及び自社グループ製品詰合せ

日清食品ホールディングスのウェブサイト
コナカ 【7494】

紳士服専門店チェーン。KONAKA THE FLAG、SUIT SELECT、O・S・V、紳士服のコナカを運営。

毎年3月31日及び9月30日現在の株主様に対し、株主優待券(20%割引券)を以下の基準により発行いたしております。

・所有株式数100株以上1,000株未満—3枚
・所有株式数1,000株以上3,000株未満—5枚
・所有株式数3,000株以上—10枚

コナカのウェブサイト
愛眼(株) 【9854】

3月31日及び9月30日現在の100株以上500株未満ご所有株主に対し、メガネ「フレーム+レンズ」50%割引券1枚、500株以上ご所有株主に対し同50%割引券2枚を進呈します。

50%割引券の内容は、当社店頭価格から50%割引となります。
(但し、特別限定品は20%割引)

愛眼のウェブサイト
ベネッセホールディングス 【9783】

ベネッセコーポレーションは通信教育事業最大手。「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」が主力。「たまごクラブ」「いぬのきもち」など出版事業も展開。

100株以上 ベネッセコーポレーションの商品を中心とした優待品カタログから一品

(例・ベネッセの出版物・通信販売商品、ベネッセ発行クレジットカードポイント、図書カード等)

ベネッセホールディングスのウェブサイト
ワタミ(株) 【7522】

■株主様優待制度
●株主様ご優待券配布

◇送付時期
3月末基準日の株主様   5月下旬
9月末基準日の株主様  11月下旬
◇送付枚数(1回の送付枚数)
100~499株  6枚(6,000円分)
500~999株  12枚(12,000円分)
1,000株以上  15枚(15,000円分)
※優待券1枚1,000円券

◇ご使用方法
・国内ワタミグループ下記外食店舗全店でご使用いただけます。
(「和民」「坐・和民」「和み亭」「ゴハン」「わたみん家」「饗の屋(きょうのや)」「T.G.I. フライデーズ」「フライデーズレッド」「炭旬(すみしゅん)」)
※仰天酒場「和っしょい2」は、会計システムの都合上、優待券はご使用いただけません。

・お一人様一回一枚でのご使用となります。

・月曜~木曜日及び日曜日(祝前日を除く)にご使用いただけます。
(金土曜日及び祝休日の前日に該当する営業日はご使用いただけません。)

・ランチタイム以外でご使用いただけます(2009年6月1日よりランチタイムでの使用を中止させていただきます)。

ワタミのウェブサイト

上場企業は9月が中間決算の会社が多いため、今月は権利確定の銘柄が多いです。

どの会社がどんな株主優待を行っているかについては、下記リンク先のページがよくまとまっていますので、株主優待に興味がある方はクリックしてみて下さい。

株主優待情報 – Infoseek マネー

▼関連記事

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説

配当・株主優待に関するQ&A

株の配当金の受け取り方法が3種類になりました 【2009年1月より】

逆日歩のかからない空売りをする方法

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年6月30日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする