リテラ・クレア証券、「逆指値」と「通常+逆指値注文」を2012年3月31日に導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リテラ・クレア証券が日本株取引に「逆指値注文」と「通常+逆指値注文」を導入すると発表しました。

これらの注文方法の導入時期は、2012年3月31日の予定となっています。

ちなみに、「通常+逆指値注文」とはOCO注文のことです。

以下、リテラ・クレア証券ウェブサイトの発表文からの抜粋です。

◆ オンライントレード「ダブル注文機能」導入のお知らせ

平成24年3月26日

日頃より弊社オンライントレードをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

リテラ・クレア証券オンライントレードでは、平成24年3月31日(土)12時(予定)より株式現物取引および信用取引のダブル注文機能(逆指値注文、通常指値+逆指値注文)を導入いたします。

当サービスについては、以前よりお客様からご要望を頂いておりました注文機能であり、株価が上昇トレンドの買注文、下落トレンドの売注文が可能な「逆指値注文」、利益確保のための通常の指値注文とロスカット(損失限定)のための逆指値注文を同時に出せる「通常+逆指値注文」を従来の注文機能に追加いたします。

このダブル注文機能を追加することで、投資家の皆様のリスクコントロールと利便性の向上に繋がるものと考えております。

※ダブル注文機能は、WEB、及びモバイル取引システムでご利用頂けます。

「逆指値」注文および「通常+逆指値」注文機能のご利用について (PDF:12KB)

Q1.逆指値注文とはどのような注文ですか?

「逆指値」注文とは、「指定の株価以上になれば買い注文を出す」、「指定の株価以下になれば売り注文を出す」という一定の条件をつけて発注する注文のことです。

通常の指値注文と逆の条件をつけた注文となるため「逆指値注文」と呼ばれています。

逆指値注文が市場に発注されるには、市場で実際についた値段が逆指値条件を満たす必要があります。特別気配等気配値が逆指値条件に達したとしても、注文は市場に発注されません。

Q2.通常+逆指値注文とはどのような注文ですか?

「通常+逆指値」注文とは、SLO(Stop Limit Order)注文ともいい、指値(リミット)注文(「通常」注文)と逆指値(ストップ)注文とを組み合わせた注文形態の事で、「利益確定」、「損失限定」、「トレンドに乗る」等の注文を同時に出す事が可能となります。

市場への発注順序としては、まず、「通常」注文が市場へ発注され、ご入力いただいた「逆指値」注文の逆指値条件に市場価格(市場で実際に取引が成立した値であり、特別気配等の気配値は含まれません)が合致したときに初めて「通常」注文に代わって「逆指値」注文が市場へ切替発注されます。

市場価格が逆指値条件に合致していない「逆指値」注文は、当社のシステム内に保留されております。したがって、市場へ発注されている注文は「通常」注文のみとなります。

逆指値条件に到達した場合には、先に発注された「通常」注文から切り替えて「逆指値」注文として設定した注文に訂正されて、市場へ発注されます(一度、取消となった当該通常注文が市場へ再発注、約定されることはございません)。

通常注文が全部約定した場合は、その後市場価格が逆指値条件に合致しても、逆指値注文が切替発注されることはございません。

▼関連記事

逆指値が使える証券会社の一覧

OCO注文とは (株式用語解説)

GMOクリック証券、「逆指値注文」に対応

くりっく365の次世代FX取引システム「ギガ・トレード・リテラ」

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧 【期間限定】

会社四季報を無料で読むことができる証券会社

大手ネット証券の口座開設で得られる特典一覧 【常時】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする