資産50億円トレーダーcis氏は、移動平均線を見ている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBIマネーワールドにユーザー登録すると「cis座談会第2弾」という記事を読むことができます。

さて、SBIマネーワールド主催の「cis座談会第2弾 第3回」によると、資産50億トレーダーcis氏はトレードの指標の一つとして、移動平均線を使っています。

移動平均線とは、テクニカルチャートの一種です。「チャートってなんだろう?」と思われた方は、下記リンク先の記事が参考になるのでクリックして下さい。

また、移動平均線の解説は、下記リンク先に載っています。

以下、「cis座談会第2弾 第3回」からの抜粋です。

cis: 僕の場合、散々マイナスが続いて1億2千万勝ちでトータルで勝ち、ということもあります。 売買で一番役立っていると思うのは、25日線と5日線両方とも陰線で割ってしまった銘柄をとにかく損切りするということのような気がします。

Dさん: それは損切りルールでしょうか。

cis: 持ってたらこんなに損してたってことを考えると、25日線を陰線で割った時の損切りが一番身を助けているような気がします。直近から25日線を陰線で割るっていうことは、直近株価からすると少し安値感があるので、買い板も結構厚いんですよ、その日のうちは。

   ~~~中略~~~

Bさん: ディスコなんていうのは、結構右肩上がりですよね。5日線はまたいでいるんですけど、復活しているんですね。やっぱりここでも売りですか?

cis: 25日線が上向いていればまだいいんですけど、下向いていたら売りですね。

Bさん: ってことは、買いのタイミングは25日線を超えている時ですか?

cis: 上向きの25日線で、順張りする時は、そういうことが多いですね。

Bさん: 例えば富士通みたいに寝てしまったら、もうやめとこうっていう感じですかね?

cis: 寝ているのはまだいいですね。ここはちょっと下向いているので、あんまり買いたくないんですけど、横は少しの上昇で上向くので。

上記の文章の中でcis氏が述べている「5日線」とは「5日移動平均線」のことです。また、「25日線」とは「25日移動平均線」のことです。

cis氏は「売買で一番役立っていると思うのは、25日線と5日線両方とも陰線で割ってしまった銘柄をとにかく損切りする」と述べています。「陰線」の解説は、下記リンク先に載っています。

ちなみに、楽天証券マーケットスピードでは、5日移動平均線や25日移動平均線を見ることができます。個別チャートを表示し、情報種類で「日足」を選択することで、5日移動平均線と25日移動平均線を見ることが可能です。

なお、マーケットスピードを使っていない方は、下記リンク先で5日移動平均線や25日移動平均線を見ることができます。

9984 ソフトバンク チャート < 銘柄分析 | 株マップ.com

このサイトに表示されている「5dMA」は「5日移動平均線」と同じ意味です。同様に、「25dMA」=「25日移動平均線」です。

▼関連記事

資産50億円トレーダーcisさん関連

資産50億円トレーダーcis氏の座談会(第2段)の記事が配信されています

資産50億円トレーダーcis氏はマーケットスピードを使っている その2

株式トレーダーcis氏の資産が58億円に増加 【ダイヤモンドZAi2009年6月号より】

ジェイコム男BNF氏と資産50億トレーダーのcis氏が対談 【2007.8.21のZAiより】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする