NHKスペシャル「マネー資本主義」の動画 1~4話まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.6.10 Last Update!

2009年4月から7月にかけて、NHKが「NHKスペシャル マネー資本主義」という特別番組を放送していました。

「マネー資本主義」は世界金融危機がなぜ起こったのか、その原因を探る番組です。全5回のシリーズ番組です。

また、2009年12月20日に第6回が追加で放送されました。

Veoh(ビオ)に「マネー資本主義」の第1回~第4回の動画があがっていたので、リンクを張っておきます。

(2010年6月10日追記 : 第5回と第6回の動画は、アップされていた動画サイトで、視聴不可能になっていました)

▼マネー資本主義 第1回 “暴走”はなぜ止められなかったのか その1・・・動画に繋がりにくいです。


Watch N.S.090419-1 in Educational & How-To  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

▼第1回 その2


Watch N.S.090419-2 in Educational & How-To  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

▼第1回 その3


Watch N.S.090419-3 in Educational & How-To  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

▼マネー資本主義 第2回を見ることができるページの紹介

2009年5月17日(日)午後9時00分~放送
第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか? ~カリスマ指導者たちの誤算~を見ることができるウェブサイト↓

マネー資本主義 第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか? その1

マネー資本主義 第2回 その2

マネー資本主義 第2回 その3

▼マネー資本主義 第3回を見ることができるページの紹介

2009年6月14日(日)午後9時00分~放送
第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか を見ることができるウェブサイト↓

マネー資本主義 第3回 その1

マネー資本主義 第3回 その2

マネー資本主義 第3回 その3

▼マネー資本主義 第4回を見ることができるページの紹介

2009年7月19日(日)午後9時00分~放送
第4回 ウォール街の“モンスター” 金融工学はなぜ暴走したのか を見ることができるウェブサイト↓

マネー資本主義 第4回 その1

マネー資本主義 第4回 その2

マネー資本主義 第4回 その3

「マネー資本主義」は個人投資家にとって興味深い内容だと思いますので、紹介しました。以下、NHKのウェブサイトからの抜粋です。

総合テレビ

マネー資本主義 第1回
“暴走”はなぜ止められなかったのか
~アメリカ投資銀行の興亡~

金融危機はなぜ起きたのか。巨大マネーはどのように膨張していったのか。

マネー資本主義の主役として批判の的となっているのが、リーマンショックを起こした当事者でもある「投資銀行」である。

かつて企業への財務アドバイザー部門が中心だった投資銀行は、1970年以降の規制緩和と金融資本の膨張を背景に債券市場という新たな場で、次々と新手の金融商品や取引手法を編み出し、金融の枠組みそのものを変えていった。

ソロモンブラザーズをはじめ、伝説的な企業が攻防を繰り返しながら、アメリカ経済、ひいては世界経済を牽引する回路を作り上げていく。

「超レバレッジ」「莫大な成功報酬」「リスク管理の限界」など、サブプライム・ローンにつながる巨大なリスクを、投資銀行が激しい競争を繰り広げる中で自ら抱え込んでいったのである。

投資銀行を変質させ、最後には破たんにまで追い詰めたターニングポイントはどこにあったのか。いま、その当事者たちが沈黙を破り、真相を語り始めた。

数々のヘッジファンドの産みの親となり、歴代アメリカ財務長官を輩出、バブル経済のけん引力となって最後は業界ごと消滅する「投資銀行」の劇的な攻防を描いていく。

シリーズ マネー資本主義
■第1回 “暴走”はなぜ止められなかったのか ~アメリカ投資銀行の興亡~
2009年4月19日(日)午後9時00分~ 総合

■第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか? ~カリスマ指導者たちの誤算~
2009年5月17日(日)午後9時00分~ 総合

■第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか
2009年6月14日(日)午後9時00分~ 総合

■第4回 ウォール街の“モンスター” 金融工学はなぜ暴走したのか
2009年7月19日(日)午後9時00分~ 総合

■最終回 危機を繰り返さないために
2009年7月20日(月)午後7時30分~ 総合

■ウォール街の“モンスター” バブルは再び起きるのか
2009年12月20日(日)午後9時45分~ 総合

以下、読売新聞からの抜粋です。

▼「マネー資本主義」のインタビューに登場する主な投資銀行関係者

■ジョン・グッドフレンド ソロモン・ブラザーズ元会長。「ウォール街の帝王」と呼ばれる

■ジョーゼフ・ペレラ M&Aの先駆者

■ヘンリー・カウフマン ソロモン・ブラザーズの元副会長。のちにアナリストに転じる

■ウォルター・ゲラシモビッチ 金融商品のリスク管理プログラムを作成した元ロケット科学者

■ジェフ・クロンサール サブプライムローンの元となる「モーゲージ債」の開発者

■ロバート・ルービン ゴールドマン・サックスの元CEO。のちに財務長官

■ラリー・ベセラ ゴールドマン・サックスの元トレーダー

■ジョン・ボーグル 投資信託界の大物

(2009年4月14日 読売新聞)

私は普段あまりテレビ番組を見ませんが、
この番組は視聴しました。
おもしろかったです。特に第4回と第5回が。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする