ジェイコム男BNF氏の2009年の目標はモニターを壊さないこと 【2008.12.30のラジオ日経より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月30日、ジェイコム男BNF氏が、ラジオNIKKEIに出演しました。

BNF氏が出演したラジオ番組の録音音源が、YouTubeにアップロードされていたので紹介します↓

以下、ラジオ日経から、BNF氏の発言録の抜粋です。

アナウンサー:早かったですよね。

B・N・F氏:まあ、下落のスピードはかなり速かったんで。2001年とか2002年とかもけっこう下げ相場だったんですけど、こんなにスピード早くなかったんで、ちょっとびっくりした感じでした。

アナウンサー:今年はチャンスの年でしたか、ピンチの年でしたか?

B・N・F氏:あー、まあ、今年は危なかったですね、かなり。

アナウンサー:パフォーマンスではプラス収支というふうに伺っておりますが

B・N・F氏:今年は37億くらいプラスでしたけど

アナウンサー:でも、先ほど危なかったとおっしゃったのは、やはりついて行くのが大変だったということなんですね。

B・N・F氏:一歩間違ってれば、まあ、今年けっこう大幅にマイナスになってもおかしくなかったんで。そうですね、危なかったですね。

アナウンサー:たぶん多くの投資家にとって、今年は紙一重というような場面が多かったと思うんですが、この厳しい相場をどのように乗り切って来られたんですか?

B・N・F氏:まあ、けっこう今回は紙一重だったんで。危なかったんで。乗り切ったって言うか、運が良かったっていう部分がけっこう大きかったんで。また同じような場面があったら、けっこうすげえ大損するかもしれないし。

今回の10月の下げとかでも、例えばこういうのが10回あったら8回くらいはたぶん損するぐらい。たまたまその運がよく、その2回が今年だったっていうだけで。

大きく損しても全然おかしくなかったんで。乗り切ったって言うより運が良かったという部分が大きいかもしれませんけど。

アナウンサー:そして2009年の株式相場についてはどうイメージされてますか?

B・N・F氏:全然わかんないんで基本的には。全然わかんないですけど。うーん、これ実体経済にどのくらい影響が出てくるか全然まだわからないんで。基本的にあんまり来年の予想とかしないんですけど。

基本的に全然わからないんで。日経平均の動きとか、1年ぐらいの動きとかはわからないですけど。自分的にはもっと下がってほしいですけど。まあ、全然わからないです。

アナウンサー:先ほど運が良かったという言葉は、たぶんあのBNFさんようなすごい方でも、ああそうだったんだなあということで、多くの投資家は少し励まされたというかホッとしたところがあったかもしれませんが、トレーディングのコツみたいなものはあるんですか?

B・N・F氏:コツっていうより感覚の部分がけっこう大きいので、特にはないですけど。まあ、感覚の部分でやってるんで。損切りは早くした方がいいとか、そういう感じですかね。

アナウンサー:損切りを速くする・・・これは例えば自分で何パーセント損が出たら損切りをするとか決めてらっしゃるんですか?

B・N・F氏:決めてないです。感覚なんで。もっと下がると思ったら、損切りしちゃう感じですかね。

アナウンサー:判断は早そうですね。決断力は。

B・N・F氏:いや、けっこう金額が・・・売買する金額が増えちゃったんで、やばいと思ってもすぐ売れないような状況が多いんで。その辺がけっこう危ないところなんですよね。金額が大きいとすぐ逃げれないんで。

今年の10月みたいな下げが早いときだと、大きく損してもおかしくなかった感じだったんで。

まあ、資金が少なければすぐ損切る。どんどん損切って、いい株があったらそっちに乗り換えていくって感じですかね。

アナウンサー:年末年始はどのように過ごされるご予定ですか?

B・N・F氏:いや、別に特になにもやることはないですけど。

アナウンサー:マーケットはチェックされますよね?

B・N・F氏:そうですね。

アナウンサー:来年の抱負などありましたら伺えますか?

B・N・F氏:
今年はけっこうリーマン株とかで倒産食らったりとか。リーマンの株7億円分くらい買って、倒産食らって7億損したりとか、モニターとかに当たったりしたんで。それでモニター2台とか壊しちゃったりしたんで、来年はそういうふうにモニターに当たらないようにして行こうかなとも思いますけど。

アナウンサー:パソコンのモニターを2台壊されてしまったということなんですね。

B・N・F氏:リモコンで叩いたりとかして、今年動きが激しかったんで。来年はモニター壊さないように気をつけようかなと。

アナウンサー:
はい、わかりました。突然の電話でのインタビューでしたけど、ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎え下さい。

B・N・F氏:
はい

▼今回のラジオでBNF氏について判ったこと

  1. 取材日は2008年12月30日
  2. 2008年のトレードでの年間利益は約37億円
  3. 2009年の目標は液晶ディスプレイを壊さないこと

※BNF氏について詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする