耐震強度偽装問題関連銘柄の一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2006年12月20日、当ページを更新しました
早速ですが、現時点で姉歯建築設計事務所の問題に関連する銘柄を挙げます。

■以下、2005年12月20日更新
福田組・・・新潟最大規模のゼネコン。分譲マンション「グランドステージ川口原町」を施工。その構造計算書は偽装されていた。構造計算、姉歯建築設計事務所。建築主ヒューザー。指定確認検査機関:日本ERI。福田組は構造計算書の偽造には一切関与していないと表明している。
植木組・・・マンション「ロセット江古田」が、姉歯建築設計事務所による構造計算書の改ざんが行われた建築物に該当。建築主ハウジング大興。設計者の「井上建築企画研究所」(渋谷区)が姉歯事務所に構造計算を依頼。「イーホームズ」が建築確認をしていた。植木組は偽造には一切関与していないと表明している。
東鉄工業・・・同社が施工したグランドステージ町屋とグランドベイ横浜で構造計算書偽装が発覚。
グランドステージ町屋=建築主ヒューザー、設計者・森田設計事務所、確認検査機関・東京都北区
グランドベイ横浜=建築主ヒューザー、設計者・下河辺建築設計事務所、確認検査機関・神奈川県横浜市
東鉄工業は偽造には一切関与していないと表明している。
世紀東急工業・・・同社が施工したマンション「アーバン武蔵小金井」で強度不足を確認。
「アーバン武蔵小金井」=建築主世紀東急工業、設計者・世紀東急工業(株)一級建築士事務所、工事下請負・木村建設、構造計算・姉歯建築設計事務所、確認検査機関・東京都
三重交通・・・子会社「三重不動産」が運営する宿泊特化型ホテル「三交イン桑名」で構造計算書偽装が発覚。
「三交イン桑名」=建築主・三重交通、設計者・平成設計、施工・三交ホーム・豊國建設株式会社JV、構造計算・姉歯建築設計事務所、確認検査機関・日本ERI
■以下、2005年12月13日更新
鹿島・・・いわずとしれたスーパーゼネコン。鹿島が施工した京都府舞鶴市の「プラザホテル舞鶴」で構造計算書の偽造が発覚。構造設計担当は姉歯元建築士。同ホテルの設計担当は「平成設計」。鹿島は今回の事件について、自社のウェブサイトで下記のように述べている。

施工にあたっては、鉄筋量など施工担当者がすぐに不審や疑問を抱くような図面・数量ではありませんでした。

大林組・・・大手ゼネコン。大阪市のビジネスホテル「ヴィアイン新大阪ウエスト」を施工。耐震強度偽装が発覚。構造設計担当は姉歯元建築士。同ホテルの設計担当は「平成設計」。大林組は今回の事件について、自社のウェブサイトで下記のように述べている。

確認申請が下りた図面については、その構造計算書を改めて細かく精査することは通常いたしません。今回のケースは、構造計算プログラムによる計算書の数値の一部が巧妙に改ざんされていたものであり、施工段階では、柱の本数や太さ、鉄筋の量について図面を見ただけでは改ざんを見抜くことができないほど巧妙なものでした。

■以下、2005年12月04日更新
シノケン・・・姉歯事務所の構造計算書偽造問題に絡むマンション8棟を販売。このうち5棟が耐震強度不足であることが判明。14日、来年3月期連結決算に偽装問題の対策費約31億円を特別損失として計上、純損益が当初予想の4億円の黒字から4億円の赤字に転落すると発表した。マンションの解体、入居者の退去や転居、購入代金の返済などにあてる。主力取引行の福岡銀行から融資を受けるほか、12月末に20億円の転換社債型新株予約権付社債(CB)を発行する。2006年3月期の中間期と期末の配当を無配とすると発表。
日本ERI・・・新築建物が安全基準を満たしているかを調査する民間確認検査機関の最大手で、唯一の上場企業。国会で同業のイーホームズの藤田東吾社長に「姉歯建築士による構造計算書偽造を認識し、1年前に隠ぺいしていた」と指摘される。日本ERIの鈴木崇英社長は隠蔽工作について否定。しかし、姉歯秀次氏の構造計算書偽装をチェック漏れしてしまったのは事実。
太平工業・・・ヒューザーがらみの物件を3件施工している。その物件は、国土交通省が構造計算に偽造が認められると公表した「グランドステージ下総中山」、及び施主が耐力を有していない可能性があると公表した「グランドステージ溝の口」「グランドステージ豊田」の三つ。上記の物件に関して、下記のような見解を述べている。

いずれも施主との工事請負契約に基づき、設計図書(建築確認申請確認済証)どおりに、施工したものです。また、いずれも設計監理者及び指定確認検査機関の各種審査(中間検査、完成検査)を終え、検査済証を受領し、引渡したものであります。当社は、設計・監理を請け負っておらず、問題となっている構造計算の偽造には一切関与しておりません。

京王電鉄・・・子会社などが運営するホテルで施工が木村建設、構造計算が姉歯建築設計事務所のものが4棟あり。うち3店舗の営業を休止。2店舗は撤去の方向。これらが全て決行されると費用は概算で22億円になると京王電鉄側は予想している。
名古屋鉄道(名鉄)・・・子会社の名鉄不動産株式会社が経営するホテル「名鉄イン刈谷」は「姉歯建築設計事務所」によって構造計算が行われていた。計算書偽装により耐震強度基準を満たしていなかった。同ホテルは解体、再築の予定。
■クローズアップ株式管理人の雑感
このページを更新していて思ったのですが、今回の問題は建築業界にかなり根が深く広くひろがっているようですね。どこに飛び火するかわかりません。例えば、世紀東急工業ですが、設計と工事を木村建設に下請けに出したら、木村建設が構造計算を姉歯建築設計事務所に再委託していたりします。
このようにどこの建築会社が姉歯氏と遭遇するか判りません。
あと、太平工業は新日鉄系の会社なのですが、なんで鉄骨の少ないマンションを作ってしまったんでしょうか。理解できません。
常識的に考えれば、製鉄会社の子会社なら鉄筋の多い物件を作るように努力すればいいと思うのですが。
■参考、以下、太平工業ウェブサイトのPDFより

平成17 年12 月2 日
各 位
太平工業株式会社
姉歯(あねは)建築設計事務所による構造設計物件について(御報告)
姉歯建築設計事務所が構造設計を行った当社施工物件のうち、国土交通省が構造計算に偽造が認められると公表した「グランドステージ下総中山」、及び施主が耐力を有していない可能性があると公表した「グランドステージ溝の口」「グランドステージ豊田」の3物件につきまして、その概要と、現時点における当社の見解を述べさせていただきます。
なお、同じく姉歯建築設計事務所が構造設計を行った「グランドステージ川崎大師」につきましては、先般11 月22 日に施工工事の概要と当社の見解を御報告しておりますが、国土交通省より、構造計算に偽造があったこと、建築基準法に定める耐震強度を満たしていないことが確認・公表されています。

1. 物件の概要
(1) グランドステージ下総中山の概要
1 施 主 : ㈱ヒューザー
設計・監理 : ㈱スペースワン建築研究所
確認検査機関 : 日本ERI㈱
2 工 期 : 平成14 年4 月~平成15 年2 月
3 構造・規模 : RC造 9 階建 23 戸
本物件のみ、施主の意向により、木村建設㈱が下請施工しております。
(2) グランドステージ溝の口の概要
1 施 主 : ㈱ヒューザー
設計・監理 : ㈱森田設計事務所
確認検査機関 : イーホームズ㈱
2 工 期 : 平成15 年4 月~平成16 年2 月
3 構造・規模 : RC造 7 階建 24 戸
(3) グランドステージ豊田の概要
1 施 主 : ㈱ヒューザー
設計・監理 : ㈱森田設計事務所
確認検査機関 : 日本ERI㈱
2 工 期 : 平成14 年9 月~平成15 年8 月
3 構造・規模 : RC造 9 階建 49 戸
上記の各物件について、現在、行政当局が調査を行っていますが、「グランドステージ溝の口」
については、国土交通省が、構造計算に偽造は認められなかったと公表しています。
2. 当社の見解
上記の各物件については、いずれも施主との工事請負契約に基づき、設計図書(建築確認申請確認
済証)どおりに、施工したものです。また、いずれも設計監理者及び指定確認検査機関の各種審査(中
間検査、完成検査)を終え、検査済証を受領し、引渡したものであります。当社は、設計・監理を請
け負っておらず、問題となっている構造計算の偽造には一切関与しておりません。
なお、行政当局又は施主から公表されておりませんが、姉歯建築設計事務所が構造設計を行った当
社施工物件は、上記のほかに2件あります。
本件につきましては、引き続き,情報収集、事実関係の把握、今後の対応策の検討を進めてまいり
ます。
以上

■当ブログ関連記事
・2005年12月14日イーホームズ、証人喚問テレビ中継中、姉歯氏に検査が甘いと指摘される
・2005年12月07日日本ERI、偽装問題について「設計ミスの問題と思っていた」と釈明
・2005年11月30日 耐震強度偽造問題の影響で株価が乱高下する銘柄の一覧
・2005年11月29日 日本ERIがイーホームズに「偽造の隠ぺい」と指摘される。株価へも影響か
・2005年11月26日 姉葉設計事務所と関連がない銘柄一覧
・2005年11月24日 アイディーユーの株価が急落 姉葉建設設計事務所問題の影響か
・2005年11月22日 シノケンの株価がストップ安
・2005年11月21日 シノケン、姉葉建築設計事務所に関連の物件で最大32億円の支出か

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする