ジョインベスト証券、12月17日に携帯電話向け取引ツール「モバイルエクスプレス」をリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ジョインベスト証券が12月17日に、携帯電話向け株式取引ツール「mobileExpress」をリリースすると発表しました。まずドコモの携帯に対応します。

そして、2008年2~3月にはソフトバンク、2008年3~4月ごろにはauの携帯にも対応します。

mobileExpressの株価自動更新のタイミングは、最短で5秒間隔になります。松井証券のハイスピードαに似たソフトになると思われます。

また新情報として、ウィンドウズ・モバイル専用の株式取引ツールmobileExpress [ウィンドウズ・モバイル版]が2008年2月ごろにリリース予定と発表されました。このソフトは、リアルタイムの株価自動更新ができるようになるとのこと。

以下、ジョインベスト証券のウェブサイトからの抜粋です。

モバイル専用の取引ツールのご案内 【モバイルアプリ】

新サービスでお取引がもっと身近に!

待望のモバイル専用の取引ツールが登場! ご利用無料

ジョインベスト証券の新サービスとして、待望のモバイル専用の取引ツールが登場します! 携帯アプリをダウンロードすることで、PC環境並のチャート画面や、投資情報をご覧いただけます。

操作は左右キーと決定キーだけで様々な画面を自由に遷移できる使いやすい操作性を実現。これからは、携帯電話からもアクティブなお取引が可能になります!

■ モバイル専用 株式取引ツール mobile Express 12月17日サービス開始!

取引ツールとしての利便性を徹底追求したエクスプレス注文画面

特徴1 シンプルな操作で、迅速な取引が可能! アクティブな取引にも使えます!

特徴2 板情報やチャートは自動更新! 最新のマーケット情報で差をつけろ!

特徴3 充実した投資情報! いつでも即アクセス!

■ モバイル専用FX取引ツール mobile FXアプリ 1月下旬サービス開始予定

シンプルで簡単な操作で、スピーディーなFX取引を実現!

特徴1 自動的に古い建玉から決済していく「FIFO注文」を採用!

特徴2 最短操作で即発注が可能な画面! 表示画面のカスタマイズも可能!

為替レートの自動更新、複数通貨ペア表示、チャート機能搭載!

■ ウィンドウズ・モバイル専用 株式取引ツール mobileExpress [ウィンドウズ・モバイル版] 2月中旬サービス開始予定

ウィンドウズ・モバイルでも、モバイル・エクスプレスのご利用が可能に!

特徴1 ワイドVGAの大きな画面でどこでも取引可能! PC版エクスプレスと、ほぼ同じ環境でお取引!

特徴2 画面タッチですばやく発注! アクティブな取引にも対応!

特徴3 画面構成を自由にカスタマイズ! リアルタイムの自動更新で取引チャンスを逃がさない!

■ ご利用について

※ 当サービスがご利用できる携帯電話会社は、NTTドコモ、ソフトバンク、auを予定しております。
※ 携帯電話会社により、サービス開始時期が異なる場合がございます。
※ NTTドコモの端末では、FOMA901iシリーズ以降および、703iシリーズ以降に発売された端末でご利用いただけます。
※ 携帯端末の機種により、当サービスをご利用できない場合がございます。
※ 当サービスのご利用時には、パケット料金が別途発生いたします。
※ チャート表示は手動更新で、株価一覧やエクスプレス注文画面は、最短5秒間隔で自動更新されます。
※ ジョインベスト・エクスプレスでご利用できる、トリガー注文はご利用できません。
※ ウィンドウズ・モバイル版のご利用には、Windows Mobile 5.0または、Windows Mobile 6のOSが搭載された端末が必要になります。
※ モバイル・FXアプリのご利用には、ジョインベストFX口座の開設が必要です。
※ FIFO注文とは、返済建玉を指定せずに、一番古い建玉が自動で指定される注文方法です。
※ モバイル・FXアプリでは、注文方法はFIFO注文のみのご利用になります。

続報は、12月末公開予定!

個人的にmobileExpress [ウィンドウズ・モバイル版]は、ドコモ、ソフトバンク、auだけでなくウィルコムにも対応してもらいたいのですが、ウィルコムユーザーは数が少ないので難しいかもしれません。

▼関連記事

携帯電話用リアルタイム・トレーディングツール比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする