カブドットコム証券が無料情報ツール追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月25日、カブドットコム証券がkabuスコープ・kabuカルテと名づけた無料情報ツールの提供を開始しました。
以下、カブドットコム証券のウェブサイトの説明です。

kabuスコープとは、全上場銘柄のなかから、現在売買シグナルが発生している銘柄だけを一発表示する銘柄抽出ツールです。注目度の高い11種類のテクニカル指標を用い、24通りの条件設定で過去2年間の売買シミュレーションを実施。シミュレーション結果の順番に銘柄を抽出するなど、膨大なデータ処理をすることにより最適な答えを導きます。

実際に、自分の口座にログインして使ってみました。
Kabuカルテというテクニカル指標のデータベースがあって、自分が注目するテクニカル指標のシグナルが出ている銘柄を条件指定で抽出するのがkabuスコープという感じですね。
使われているテクニカル指標は下記のようになっています。
RCI
RSI
25日乖離率
75日乖離率
サイコロジカル
75日線形回帰トレンド
ストキャスティクス
ボリンジャーバンド
MACD
一目均衡表
ゴ-ルデン/デッドクロス
私はテクニカル指標の中では、「ローソク足」と「出来高」を見るのが大好きなので、今回のツールを使うことはあまりなさそうですが、上記のテクニカル指標に興味がある方は使ってみてはいかがでしょうか。
■以下、カブドットコム証券のウェブサイトより抜粋

◆銘柄ごとの特徴を見抜く。個別銘柄の株価形成パターンを徹底診断!
kabuカルテとは、11種類のテクニカル指標による24通りのシミュレーション結果と各テクニカル指標から判断される株価の現状分析も合わせて一覧表示する銘柄分析ツールです。過去の株価形成の癖を見抜くことで、銘柄ごとに最適なテクニカル指標を探る手がかりとなります。
◆最適なテクニカル指標が一目瞭然、リスク管理を追求するロスカットラインも
シミュレーション結果を通じて過去の株価形成の癖を見抜き、最適なテクニカル指標を選択するのに役立ちます。また最適な損切りラインもシミュレーション結果から算出。株式を売買する際に、重要なロスカットを決断するうえでの参考となります。逆指値をはじめとする自動売買と非常に相性の良い情報です。
◆投資スタイルに合わせて活用方法も色々
kabuスコープ、検索結果一覧からのリンクでは、さらに深い分析で抽出銘柄の信頼性を追求、選別いただけます。またkabuカルテのメニューからは、保有銘柄等のコードを入力するだけで、テクニカル分析の強力な即時サポート情報としてご利用いただけます。
◆チャート分析に自信のない方でも・・・
各テクニカル指標のオーソドックスな分析方法によりシミュレーションしていますので、“買いゾーン”等の表示がされる「現在のステータス」では、チャート分析に自信のない方でも、テクニカル分析による銘柄診断が可能です。
【使用上のご注意】
kabuカルテは、将来のパフォーマンスを決して保証するものではありません。
将来のパフォーマンスに挑戦するツールとしてご活用ください。

◆投資チャンスを逃さない。買い時・売り時の銘柄候補を一発検索!
kabuスコープとは、全上場銘柄のなかから、現在売買シグナルが発生している銘柄だけを一発表示する銘柄抽出ツールです。注目度の高い11種類のテクニカル指標を用い、24通りの条件設定で過去2年間の売買シミュレーションを実施。シミュレーション結果の順番に銘柄を抽出するなど、膨大なデータ処理をすることにより最適な答えを導きます。
◆銘柄探しの時間を大幅に短縮
買い銘柄・売り銘柄の候補を探す際に強力な威力を発揮します。確率の高い情報が銘柄探しの時間を大幅に短縮します。
◆チャート分析に自信のない方でも・・・
過去のシミュレーション結果から判断することにより、テクニカル分析の知識に自信のない方でも、各テクニカル指標のオーソドックスな分析方法から銘柄を選択することが可能です。
◆机上の空論でない、真に使えるデータベースを使用
当日更新の株価をベースに売買判断をし、注文を執行するという誰もが実行できる投資スタイルでシミュレーションした結果データを用いています。
◆他ツールとの併用で投資効率をさらにアップ
kabuスコープは当社オリジナルのテクニカル分析コンテンツです。kabuカルテ、スーパーチャートとあわせてご利用いただくことで投資効果の追求をサポートします。
【使用上のご注意】
kabuスコープは、将来のパフォーマンスを決して保証するものではありません。
将来のパフォーマンスに挑戦するツールとしてご活用ください。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする