米国株版のトレードステーションのスマートフォンアプリが登場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトでマネックス証券の米国株取引ツール「トレードステーション」を使った感想という記事を配信したことがあります。

Windowsのパソコンにインストールして使うタイプの株取引ソフト「トレードステーション米国版」を使った感想を記事にしたものです。トレードステーションはマネックス証券で口座を開設すると無料で利用できるソフトです。

さて、今までアメリカ株が取引可能な「トレードステーション米国版」は、Windowsのパソコン用のものしかありませんでした。しかし、2017年3月7日に米国株のスマートフォン向けアプリ「トレードステーション米国株 スマートフォン」が正式にリリースされました。

iPhoneでもAndroidのスマートフォンでも「トレードステーション米国株 スマートフォン」をインストールすれば、アプリで米国株の取引が可能となっています。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

主要オンライン証券初!米国株スマートフォンアプリ登場

配信日:2017年3月7日

マネックス証券では、2017年3月7日に米国株のスマートフォン向けアプリケーション(以下「米国株スマホアプリ」)「トレードステーション米国株 スマートフォン」の提供を開始いたしました。米国株スマホアプリの提供は、主要オンライン証券初となります(※)。

これまでお客様からたくさんのご要望をいただきました米国株スマホアプリを導入することで、日本株やFX(外国為替証拠金取引)と同じようにスマートフォンを利用して、時間や場所を気にせず、米国株をお取引いただけるようになります。

また、提供開始を記念して、米国株スマホアプリを利用した米国株の取引手数料(税抜)を2017年3月7日(火)から4月28日(金)(現地約定日ベース)まで実質無料にする「スマホdeアメカブ放題キャンペーン」を実施いたします。

※ 2017年3月7日現在。主要オンライン証券はSBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券をいいます。(松井証券、カブドットコム証券は米国株の取扱いはありません)

 ~~中略~~

▼トレードステーション米国株 スマートフォンの特長

  1. 成行、指値に加え、逆指値注文も利用できる豊富な注文機能
  2. 銘柄リストで取引をサポート。指紋認証でログインも!
  3. 充実のチャート分析・チャート発注機能

※本ページの画像は開発中のものであり、変更となる可能性がございます。

(1)取引のニーズに応える豊富な注文を発注可能

成行、指値、逆指値注文などのスタンダード注文のほか、連続注文(OSO注文)、トレーリングストップ注文などの利用も可能です。ウェブブラウザ版とほぼ同様の注文機能を揃えています。

(2)レーダースクリーンで取引をサポート。指紋認証でログインも!

レーダースクリーン(銘柄リスト)には、1リスト35銘柄まで登録可能。リスト数に上限はございません。項目に応じて、並べ替えもカンタン!

ログイン時の指紋認証機能も搭載しており、セキュリティの強化かつスピーディにログイン可能!(iPhone版のみ提供)

(3)銘柄分析・発注の両方で活用できる高機能チャートを実装

チャート描画、チャート種別の変更、22種類(Android版は21種類)の指標の追加もできる高機能チャートを実装。

チャート取引で注文を発注することも、未約定の注文や約定済の注文をチャート上に表示することもできます。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、トレードステーション米国株スマートフォンはAndroidのタブレットはサポート対象外ですが、iPadと「iPod touchの第5世代」は正式に対応となっています。サポート対象の機種です。

▼関連記事

米国株を買えるネット証券3社の比較

トレードステーションの日本株版を使った感想

マネックス証券のトレードステーションにて株取引の手数料無料キャンペーン実施中【日本株版】

マネックス証券のスマホ版のトレードステーションを使った感想【日本株版】

トレードステーション口座と既存のマネックス証券のサービス内容の違い

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする