ネット証券7社の口座開設数ランキング 2007年10月分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券7社の新規口座開設状況(2007年10月分)の順位表を作成しました。

▼ネット証券7社 新規口座開設状況

順位 証券会社名

証券口座純増数
(2007/10)

証券累計口座数 FX口座純増数
(2007/10)
FX累計口座数
SBIイー・トレード証券 77,230
[うち対面取引口座62,511]
1,575,987
[うち対面取引口座62,511]
非公開
楽天証券 8,394 736,577 非公開
3↑ ジョインベスト証券 7,334 190,601 930 8,332
4↓ マネックス証券

5,822

802,488

1,605

61,947
松井証券 4,368 703,529 830 44,001
カブドットコム証券 3,680 601,578 1,218 11,684
オリックス証券 1,011 161,084 358 30,418
合計 107,839
[うち対面取引口座62,511]
4,771,844
[うち対面取引口座62,511]

比較表のデータは、各証券会社の開示情報から取得。比較表の作成者は当サイト管理人。

7社合計での口座増加数は9月の39,400から107,839に増えています。急増している原因ですが、イートレード証券がSBI証券と合併し、SBI証券の対面取引口座62,511を吸収したからです。

つまり、実質は107,839-62,511=45328ということになります。

1位はSBIイー・トレード証券になっています。前月に引き続いての首位です。9月の増加数は13,791でした。10月の純増数はSBI証券の対面口座を除くと実質14719となっています。

2位は楽天証券です。前月と同じ順位です。9月の口座純増数は6.661でしたから、10月の数字は立派です。楽天証券を使っているジェイコム男BNFさんがテレビ東京「ガイアの夜明け」に出演したことも口座増加の一因といえるでしょう。

3位はジョインベスト証券です。前月4位からランクアップです。9月21日から「現金5000円プレゼントキャンペーン」を開始した効果が出ています。2007年9月21日~2008年3月31日の間に口座を開設し、2008年4月30日までに5万円以上入金すると、現金5,000円がもらえるキャンペーンになっています。
 
なお、9月の口座純増数は4,334でした。

4位はマネックス証券です。前3位からランクダウンです。「口座開設で現金3000円プレゼントキャンペーン」の対象者を、イーバンク銀行の口座を持つ人にしぼったわりには健闘しています。なお、9月の口座純増数は5,818でした。

5位は松井証券です。前月と同じ順位です。9月の口座純増数は4,130でした。

6位はカブドットコム証券です。前月と同じ順位です。9月の純増数は3,581でした。手数料は高めですがサービスは充実しているので悪くない証券会社だと思うのですが、先月に引き続きかなり不調です。

手数料が高いのことが人気が落ちてる一因ではあると思いますが、その理論だと、手数料がカブドットコムより高いマネックスの人気ももっと落ちているはず。カブドットコムよりもマネックスの方がキャンペーンなど広告宣伝がうまいのかもしれません。

7位はオリックス証券です。前月と同じ順位です。9月の純増数は1,085でした。日経225先物や日経225miniについては価格競争力がありますが、それだけではなかなか個人投資家を取り込めない模様。現物株取引やFXの方でてこ入れが必要でしょう。

ネット証券口座開設数を見ての感想

10月は日経平均株価が16,785円から16,737円と横ばいで推移しましたが、東証マザーズ指数は732から944と急騰しました。新興市場は全体的に堅調に推移し、中でもネット関連銘柄は「ネットバブル」と呼んでいいほどの値上がりをみせました。

しかし、口座開設純増数は全体で10%強しか増えませんでした。ただ、売買代金はざっと見て20~30%増えています。

私は、新興3市場が盛り上がれば、個人投資家の口座開設数も伸びると思っていたのですが、予想ほど増えませんでした。ネット証券が「株取引」という商品だけで、新規顧客を集めることは難しい時代になりました。

ネット証券が新規顧客を集めるには、FXや日経225先物取引など、株取引以外の商品にも力をいれる必要があるでしょう。

関連カテゴリ

ネット証券の口座開設数ランキング バックナンバー

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする