マネックス証券、OHT株の信用取引に関する未回収金は400万円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気検査装置メーカーOHT(オー・エイチ・ティー)株の信用取引を巡り、顧客の代金未払いで証券会社に巨額損失が出ている問題についてですが、ロイターからマネックス証券の損失についての情報が配信されています。

以下、ロイターのウェブサイトからの抜粋です。

マネックス<8698.T>の4―6月期は35%減益、日興CG<8603.T.>との資本関係見直しへ

~~~前略~~~

ネット証券界では、オー・エイチ・ティー(6726.T: 株価, ニュース , レポート)の株価急落にともなう個人投資家の取引の焦げ付きが問題となっているが、マネックスでは「オー・エイチ・ティーの立替金は1件、400万円のみだった」(松本社長)とした。

というわけで、マネックス証券ではOHT株による損失はほとんど発生しなかったことになります。これでOHT株の損失によるマネックス株の株価急落のリスクはなくなりました。

今後マネックスに投資する上でリスクとなるのは、大株主の日興コーディアルグループがマネックス株を市場で売却するかもしれないことですね。

当サイト関連カテゴリ

OHT株、株価操縦事件

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする