暖冬の影響でアルペンの株価が不振

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日当サイトで配信したビール関連銘柄に続いて、暖冬ネタをもう一つ。

スポーツ用品販売で有名なアルペンの株価が不振です。暖冬の影響でスキーやスノボ向けのウインター用品の売れ行きが不振だからです。

同社は2月8日に2006年12月中間連結決算(2006年7月1日~12月31日分)を発表しました。売上高が前年同期比0.1%増の822億円、経常利益が17.0%減の48億円、純利益が29.8%減の24億円でした。

事業別売上高では一般スポーツ用品が8.9%増と順調でしたが、ウインター用品が暖冬の影響で35.2%減と落ち込み、収益を押し下げています。

2007年6月期は売上高1790億円、経常利益107億円、純利益57億円を見込み、当初予想から下方修正しました。

この中間決算を発表したことにより、同社の株価は急落しました。ウィンター用品に依存した店作りを行っている限りは、業績が冬の気温に左右されることになります。

まあ、逆にウィンター用品に依存した店のままでいって、来年、厳冬が訪れれば業績が急回復する可能性もあるのですが・・・。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする