オリコンの株価がストップ高 3000円の逆日歩発生で踏み上げ相場に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月8日、オリコンの株価が前日比+10,000 (+10.99%)の終値101,000円と上昇しました。ストップ高です。

8日に大証金が「7日申し込み現在のオリコン株の品貸料(逆日歩)が1株当たり3000円」と発表したからです。

空売りをした売り玉を12月7日から8日にかけて持ち越した投資家は1株あたり3000円の出費となります。こんな逆日歩をつけられたら売り方(空売りをしている人)は、返済買いをせざるをえませんよね。逆日歩のせいで売り方が踏み上げられる「踏み上げ相場」というやつです。

これほど高額の逆日歩がついたのをみたのは、昨年の阪神電鉄株以来です。あのときは村上ファンドによる阪神電鉄株への介入のせいで殺人的な逆日歩がつきました。

 関連記事 阪神電鉄4日連続ストップ高。村上ファンドの影響が大きい。

ただ、高額な逆日歩がつくと空売りを諦めて返済買いをする個人投資家が増えるので売り玉が減っていきます。そして、売り玉が減っていけば、いつか逆日歩はなくなります。逆日歩がなくなってからが買い方と売り方の本当の勝負ですね。

ちなみに、逆日歩の情報を早いタイミングで取得できる証券会社は、マネックス証券カブドットコム証券松井証券の3社です。

この3社はQUICK社から情報提供を受けているので、大阪証券取引所の逆日歩発表ページより早いタイミングで逆日歩を知ることができます。

私が主要証券会社5社の逆日歩発表のタイミングを調べたところ、下記のような順番になりました。

1番早い:上記の3社

2番:大阪証券取引所の逆日歩発表ページ

3番:SBIイー・トレード証券のHYPER E*TRADE

4番:楽天証券

イートレード証券や楽天証券の口座しか持っていないデイトレーダーの方は、マネックス証券などの口座を作っておいた方がよいかもしれません。

▼関連記事

2006年12月11日 オリコンの株価が急上昇 3000円の逆日歩継続で踏み上げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする