ジェイコム20億男BNF氏が雑誌「AERA」に出ているので購読してみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産140億の男BNF氏が朝日新聞社の雑誌「週刊AERA(アエラ)」6月26日号に出ています。6月19日に発売されていて、記事の見出しは下記のようになっています。

ジェイコム男 資産140億円の運用術
下げ相場でのネットトレード ジェイコム男の運用術 
世界的な株の下落傾向のなか、”あの”ネットトレーダーも苦戦していた。約140億円と巨額の資産ゆえの悩みもある。

▼今回の記事でB.N.F氏についてわかったこと
・「あいかわらず楽天証券マーケットスピードを使っている」
・「千葉県市川市在住」
・「6月13日(日経平均株価-614円。終値14,218円)の取材」
・「資産は約140億円」
・「取材当日2億円の損」
・「最近の相場は下げが急速すぎる。株を始めたころのITバブル崩壊相場でもここまで速くはなかった」
・「取引は東証一部の大型株の循環物色が中心」
・「1日~1週間ほどで値幅を取るスウィングトレード」
・「BNF氏曰く、今年4月半ばから相場が弱くなってきたので慎重になった」
・「5月は半分くらいの日がノーポジションで様子見をしていた。つまり株を保有せずに株価を観察していた」
・「ノーポジでも株価は観察している。いずれ買うのだから」
・「世界的に株価が連動しているので、最近はインド市場の平均株価も見ている。昨年はインド市場は見ていなかった」
・「出来高が減ってくると100億円以上の運用は難しい。運用資金を80億円くらいに減らす必要性を感じている」
・「残りの60億円の運用先は見つからない」
・「ストレスで背中がピキピキと張って重い」
・「きついので株取引をやめたい、でも明日にはまたやっている」
上記の内容の中で一番注目に値するのは、「5月は半分くらいの日がノーポジションで様子見をしていた。つまり株を保有せずに株価を観察していた」という点です。
日経平均株価が急落していたときに、休むも相場を実践していたわけですね。「休むも相場」は機関投資家には真似できない個人投資家の特権なわけですが、その特権を活用し資産を守っています。
あと、記事の内容から信用取引空売りをやっている様子は伺えません。にも関わらず、下げ相場で資産を増やしています。
ということは勝てる確率の高いときだけ「買い」で参戦しているということでしょう。

▼BNF氏関連記事

  • ジェイコム20億BNF氏とは?
  • ジェイコム20億男BNF氏の逆張りスイングトレード術 (下げ相場向け)
  • ジェイコム20億男BNF氏の順張りスイングトレード手法 (上げ相場向け)
  • 記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする