SBI証券、夜間PTS取引デビューキャンペーン実施

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、日本国内の証券会社で株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです。

そのSBI証券が2017年10月30日から、「夜間PTS取引(ムーンライトトレード)デビューキャンペーン」を実施しています。

2017年10月30日から11月14日の23時59分の間に、はじめて夜間PTS(17:00~23:59)にて取引した人の、初めて取引した当日の夜間PTS取引手数料(17:00~23:59まで)が全額キャッシュバックとなります。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

【決算シーズン到来!】夜間PTS取引(ムーンライトトレード)デビューキャンペーン

>

2017/10/30(月)~2017/11/14(火)の期間中にはじめて夜間PTS取引(ムーンライトトレード)をご利用いただいたお客さまへビッグプレゼント!

はじめて夜間PTS取引されたその日の夜間PTS取引手数料を、なんと実質0円(全額キャッシュバック)にいたします!

夜間に取引ができるのはSBI証券だけ!17:00~23:59までお取引が可能です!

決算発表の時期には多くの企業が15:00以降に決算発表を行うため、業績内容を確認した後に当日の夜17:00から夜間PTS取引を利用することも可能です!

このチャンスに夜間PTS取引をお試しください!

 ~~中略~~

キャンペーン概要

キャンペーン内容 対象期間中にはじめて夜間PTS(17:00~23:59)にてお取引(約定)されたお客さまの、はじめてお取引された当日の夜間PTS取引手数料(17:00~23:59まで)を全額キャッシュバックいたします。
対象期間 2017/10/30(月)~2017/11/14(火)23:59約定日ベース
対象取引 夜間PTS取引
対象者

対象期間中にはじめて夜間PTS(17:00~23:59)にてお取引(約定)されたお客さま

※「はじめて」とは2014/1/6(月)~2017/10/27(金)の期間中に一度も夜間PTS取引にて約定されたことがないお客さまとなります。

入金予定日 2017年12月中旬頃に証券総合口座に入金(予定)
キャンペーンに関するご注意事項
  • NISA口座、ジュニアNISA口座での買付は対象外となります。
  • ダイレクトコース、IFAコース、対面コース、電話注文、および法人口座のお客さまは対象外となります。
  • お取引は取引期間内に約定(約定日ベース)した注文が適用となります。
  • 本キャンペーンに該当された方は、ご紹介プログラムの対象外となります。また、本キャンペーンに該当された方の対象期間中の夜間PTS取引は、新規口座開設キャンペーン「国内株式の3回以上のお取引」の対象外となります。
  • 本キャンペーンに該当された方の対象期間中の夜間PTS取引は、iシェアーズの東証上場シリーズ手数料キャッシュバックキャンペーンの対象外となります。
  • 400万口座 達成記念!「抽選で400名様に現金10,000円プレゼントキャンペーン」にご当選されたお客さまは、本キャンペーンのキャッシュバック対象外となりま
  • 本キャンペーンに該当された方の対象期間中の対象取引は国内株式手数料マイレージサービスによるSBIポイントプレゼント付与の対象外となります。
  • 本キャンペーンは自動エントリーですので、別途お申し込みは必要ありません。
  • 本キャンペーンの内容は、予告なく変更、または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 現金によるキャッシュバックは雑所得となります。お客さまによっては確定申告が必要となる場合がございます。
  • 当選後、お客さまが証券総合口座を閉鎖されている場合は、対象外となります。
  • 約定時点では通常の手数料が徴収されます。キャッシュバック金額につきましては、キャンペーン対象お取引分をまとめてお客さまの証券総合口座へお支払いいたします。
  • キャッシュバック入金は、入金後に「当社WEBサイト>メッセージボックス(当社からのお知らせ)」に入金が完了した旨をご連絡いたします。
  • キャッシュバックとなる金額およびキャッシュバック日の入金時期等に関するご質問・ご確認のお問い合わせなどは、お受けいたしかねます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SBI証券が株主優待銘柄の検索画面を改善

SBI証券の夜間PTSが取引時間を拡大

SBI証券、アクティブプランの株式手数料を改定。約定10万円以下の手数料を無料化

SBI証券、投信積立の買付手数料を実質無料化

SBI証券、投信積立に毎日積立や毎週積立コースなどを追加

SBI証券の一般信用取引の短期売り注文のメリット

SBI証券のユーザーは住信SBIネット銀行の外貨積立を使うことで米ドルを安く手に入れられる

SBI証券、全ての気配値情報が閲覧できる「全板」サービスに無料利用条件を追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする