ウェルスナビに30万円入金して運用、3年8ヶ月の経過報告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

WealthNavi(ウェルスナビ)という個人に資産運用サービスを提供している会社があります。

ウェルスナビで口座を開設し、個人がその口座に10万円以上の入金を行うと、ウェルスナビが投資信託を選んで自動的に運用してくれます。

世界のETF(上場投資信託)を買付することで、国際分散投資を個人投資家の代わりに行ってくれます。

その運用先のETFを選ぶのは人間ではなく、コンピューターです。プログラムが組み込まれたコンピューターにより資産が自動的に運用されるため、いったん入金してしまえば、ユーザーは手間がかからないわけです。

こういったコンピューターによる資産の自動運用サービスは、ロボアドバイザーと呼ばれています。

WealthNavi(ウェルスナビ)は手数料が預かり資産の評価額に対し、1%(年率、消費税別)となっており、なかなか手数料は高くなっています。しかし、「いったん入金してしまえば運用はかなり楽」という噂を聞き、私は2017年に口座を開設してみました。

口座に301000円の入金を行い、約3年8ヶ月、運用といいますか口座に入金した資金を放置してみた結果を報告します。2017年5月29日に入金を行い、2021年1月13日時点で資産がどうなったか、お伝えします。

まず、結果の数値からご覧ください。

2017年5月29日 2021年1月13日
日本円での資産額 301,000円

369,944円

(+22.9%)

米ドル換算 2,706.10米ドル

3,550.35米ドル

(+30.86%)

このように日本円でも米ドル換算でも資産は増加していました。以下、運用結果の詳細をお伝えします。

▼約30万円をウェルスナビで約3年8ヶ月間 運用した結果

まず、2017年5月29日に、みずほ銀行のオンラインバンキングサービスを使って、301000円の資金を口座に入金しました。みずほのネットバンキングを使えば入金に手数料はかかりません。

他にも、下記の銀行のネットバンキングサービスを使っている人は、振込手数料無料で入金が可能です。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • auじぶん銀行

↓301000円を入金したところ、最初の米ドル換算の資産評価額は2706.1米ドルでした。

また、今後の積立投資はなしで、25年後の資産の目標を60万円としたところ、リスク許容度は5段階で真ん中の3になり、達成する可能性は57%と表示されました。

↓入金をして放置していると、ロボット(コンピューター)が自動的にETFを買付してくれました。

これは、ETFを買い付けした初日の資産評価額です。総資産額は301,173円でした。現金10642円を残して、他はETFの買付に資金が使われています

↓上の画像と同日の総資産額を米ドル換算した画面です。総資産額が2714,03米ドルとなっていました。

↓2021年1月13日の22時時点の総資産額の画面です。これは日本円での評価額ですが、総資産額が369,944円に増加しています。

↓米ドル換算した場合の 2021年1月13日22時時点の総資産額の画面です。ドルベースで見ても、総資産額が増加しています。

↓ETFを買付したことにより、3年8ヶ月でどれくらい分配金がもらえたか知りたい方は、下記の画像をご覧ください

約3年8ヶ月で私の場合、分配金は合計で19,374円もらえました。その間、手数料は合計で12,435円かかっています。今のところ手数料より、もらえる分配金の方が大きいです。

ちなみに、「日本円/米ドル」の為替相場ですが、2017年5月31日時点では1米ドルあたり110円97銭でした。

これが2021年1月13日の午前1時には1米ドルあたり104円29銭になっていました。この間、1米ドルあたり6円68銭の円高ドル安になったわけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)では通常、米国株の株価に連動するETFのVTIを買うため、円高ドル安は不利な状況です。VTIを買うことにより間接的に米国株を買っているので。

しかし、それにも関わらず総資産額が増加しているのは、米国株式市場が好調なためでした。為替の不利な状況を、米国株の株高が上回ったわけです。

筆者の資産額 2017年5月29日 2021年1月13日
日本円での資産額 301,000円

369,944円

(+22.9%)

米ドル換算 2,706.10米ドル

3,550.35米ドル

(+30.86%)

▼参考 過去の相場の状況

項目 2017年5月31日 2021年1月13日(日本時間)
日経平均株価 19,650円 28,456円
ニューヨーク・ダウ

21,029ドル

(5月30日米国東部標準日付)

31,068ドル

(日本時間の1月12日の終値)

日本円/米ドル 110円97銭 1米ドルあたり104円29銭

▼雑感

噂で聞いていたとおり、WealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用は手間がかからないものでした。今のところ手数料以上の分配金がもらえていて損はしていないので、このままほったらかして様子を見てみます。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。また米国株取引サービスに強みがあります。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • SBIネオトレード証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。信用取引の手数料は常に無料です。

  • auカブコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りに使える証券会社です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする