石油関連銘柄の株価が急騰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

5月7日、東証において石油関連銘柄の株価が急騰しました。以下、石油関連大型株の本日の値動きです。

5月7日終値 前日比 会社概要
国際石油開発帝石ホールディングス(株) 【東証1部:1605】 1,280,000円 +150,000 (+13.27%) 純粋持株会社。傘下に国際石油開発と帝国石油。原油・ガスの生産で世界の中堅規模に  
新日本石油(株) 【東証1部:5001】 774円 +56 (+7.80%) 石油精製・販売大手。総合エネルギー企業と上流から下流の一貫操業体制を目指す
新日鉱ホールディングス(株) 【東証1部:5016】 671円 +45 (+7.19%) 持株会社。ジャパンエナジーと日鉱金属が統合。石油と金属の両輪経営。外国人保有比率高い
出光興産(株) 【東証1部:5019】 9,760円 +1,000 (+11.42%) 石油元売り2位。石油化学、高機能樹脂に定評。後入れ先出し方式で原油在庫損益出ない

5月6日、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物相場が一時1バレル=122.73ドルまで上昇したことが、日本の石油関連銘柄の株価に好影響をもたらしました。

以下、ロイター通信のウェブサイトからの抜粋です。

勢い止まらない原油高、石油株物色は割安修正の動き

[東京 7日 ロイター] 原油価格の勢いが止まらない。原油先物は1バレル=120ドルを突破し、それを受けて石油株が幅広く買われている。ただ、原油高は必ずしも元売各社のガソリンなどのマージン改善に繋がるわけではなく、ここでの上昇は割安に放置されていた修正の動きとの見方が出ていた。

 6日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物相場は、3営業日続伸、米国産標準油種WTIの中心限月6月物が一時1バレル=122.73ドルまで上昇、取引時間中の史上最高値を連日更新した。

 アフリカ最大の産油国ナイジェリアでの油井爆破をきっかけとした供給懸念の高まりが上昇の理由となったが・・・

個人的には、早めに東証に原油価格連動のETFが上場してほしいと思っています。まあ、上場する頃には、原油相場が天井をつけているかもしれませんが。

▼関連記事

東証、月内に商品ETF上場へ 第1号は金価格連動型

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2018年12月28日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2018年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

  • SBI証券・・・投資家の口座開設数が430万口座を超えておりオンライン証券業界で首位です。(2018年6月末現在)

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

  • カブドットコム証券・・・IPOがシステム抽選で全てのユーザーに公平なチャンスがあります。また一般信用取引の売建可能銘柄の数が豊富なので、株主優待銘柄をつなぎ売りで狙うのに適した証券会社です。

 

※上記の証券会社7社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする