NOVAの株価が急落 経産省がNOVAに一部業務停止命令

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

6月13日、英会話最大手のNOVAの株価が急落しました。経済産業省がNOVAに一部業務停止命令を出したからです。

会社名 6月13日の株価終値 前日比 会社概要
NOVA 【JASDAQ:4655】 88円 -10 (-10.20%) 「駅前留学」の英会話最大手で、インターネットTV電話の「お茶の間留学」や子供向けも展開
GABA(ガバ) 【マザーズ:2133】 145,000円 +8,000 (+5.84%) マンツーマンレッスン専門の英会話スクール運営。個別カリキュラムが特徴。
ゼンケンオール 【ヘラクレス:2446】 171,000円 +8,000 (+4.91%)

早期英会話教育事業「こども英会話のミネルヴァ」の運営。幼稚園・保育園向け英会話レッスンプログラム「Minerva Kids Garten 」の提供。独自教材とゼロ歳児からに特長。

ベネッセコーポレーション 【大証1部:9783】 3,500円 -60 (-1.69%) 「進研ゼミ」など通信教育最大手。高齢者ホーム・出版等へ多角化。傘下に英会話スクールのベルリッツ・ジャパンを持つ。

ノバの株価は暴落しましたが、GABAやゼンケンオールの株価は急上昇しました。

ベネッセは総売上高に占める語学関連の売上が17%程度しかないので、NOVAの不祥事は材料にならなかったようです。

関連記事

英会話関連銘柄

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする