東証と大証が2013年1月に合併 【経営統合】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2011年11月22日、東京証券取引所と大阪証券取引所が取締役会を開き、2013年1月1日に合併し、持ち株会社「日本取引所グループ(仮称)」を設立する経営統合を決めました。

2012年夏に株式公開買い付け(TOB)により、まず東証が大証株を1株48万円で取得し、子会社化します。取得比率は66.6%です。大証株が上場廃止にならないようにするためです。

合併比率は、東証株1株に対し大証株約0.2019株を割り当てます。

その後、両取引所の株主総会の決議を経て、上場会社の大証を存続会社とする持ち株会社の日本取引所グループを設立します。

そして、事業別に子会社を再編する予定です。現物株取引、デリバティブ(金融派生商品)取引、清算業務、自主規制に分けられます。

東証は株取引に強くデリバティブ取引が弱い。逆に、大証は株取引に弱く、デリバティブ取引(日経225先物取引)が強いという特徴があるので、経営統合でお互いの長所を補完しようという狙いです。

ちなみに、経営統合に関する発表が出た影響で、今日(2011年11月22日)、大阪証券取引所【証券コード:8697】の株価は前日比+19,500円の終値440,500円と上昇しました。

▼参考記事

東証と大証が経営統合合意、13年1月合併-世界3位の取引所へ(3) – ブルームバーグ

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする