ジェイコム男BNF氏、資産200億円に到達 【2008.4.28のプレジデントより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が4月28日発売の雑誌『プレジデント 2008年5.19号』に載っています。取材時期は2008年の3月末~4月ごろと思われます。記事の内容を紹介します。

プレジデントの記事によると、BNF氏の資産はついに200億円に到達したのことです。いつごろ200億円に達したか、その時期については記載がありません。ただ、3月11日から12日にかての2日間で8億円の利益を上げたとの記述があります。

BNF氏の資産は2008年2月初旬には194億円あったので、おそらく3月中旬の利益で200億円のラインを突破したのではないかと思われます。

以下、プレジデントの記事から、BNF氏の発言録の抜粋です。

「短期売買」で資産200億円男の「今日も食事は出前」 プレジデント 2008年5月19日号 77ページ

  • 「下げ相場に合わせて投資をしているのですが、今年に入ってからは、週の半分程度はノーポジション(静観)で、大きく動くことはしない。それでも、1億~2億円の損を出すことが多い」
  • 「3月17日に日経平均が1万2000円割れから上昇に転じたときは、資金を大きく動かしてもよかったんですが、買いそびれてしまいました」
  • 「安いもので十分。高級レストランに行くこともありません。食事はネットで注文できる出前が多いですね。金額も1000円とか1500円くらいです。旅行するといっても、投資スタイルが短期売買なので予定を立てられないんです」
  • 「夜中に目を覚ますことはよくあります。ニューヨークの株価が大きく下がれば、翌日の日経平均も下がることが多い。それがわかっていても、上がれと念力を送る。ブラックマンデーのようなことが起きたらどうしようと、不安で朝まで眠れないこともある。市場が閉まっている週末は、株から離れられるので、楽ですね」
  • 「儲け損なうのも損と同じくらいにつらいので、やめられません。どうせつらいなら、投資を続けたほうがいい。僕にとっては金額の問題ではないんです」

▼今回の記事でBNF氏についてわかったこと

  1. 写真を見るに、B・N・F氏のトレード環境は2007年4月時点の環境と変わっていない模様。やはり楽天証券のマーケットスピードを使っています。
  2. 2008年1月22日~23日にかけて、日経平均が13000円を割り込んだ際に、買いを入れて4億円の利益を上げた。また、2008年3月11日から12日にかての2日間、日経平均株価が12000円台から13000円台で動いた際には8億円を儲けた。

今年のBNF氏はノーポジションの日を多めにとりつつ、全体相場が下げすぎたところをチャンスと見て投資を行っている模様です。

※BNFさんについて詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

ジェイコム男BNF氏の逆張りスイングトレード術 (下げ相場向け)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする