東証、月内に商品ETF上場へ 第1号は金価格連動型

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月7日、東京証券取引所が、上場規則を改正し、金や原油など商品価格に連動する上場投資信託(ETF)、いわゆる商品ETFの上場を可能にしました。

フジサンケイ・ビジネスアイの報道によれば、今回の規則改正に伴い、米ステート・ストリート投信投資顧問が、ニューヨーク上場の金ETFの重複上場を東証に申請する見通しです。今後も東証にはいくつかの商品ETFが上場する見込みです。

東証、商品ETF上場へ 第1号はNY証取の金価格連動型

 金や原油などの商品価格に連動する上場投資信託(ETF)が月内に、東京証券取引所に上場される。東証は7日にも上場規則を改正、第1号としてニューヨーク証券取引所に上場している金ETFの上場が決まる見通しだ。

東証は東京工業品取引所と協力協定を結んでいるが、実績のある海外ETFなどの上場が進めば金融・商品取引が東証に一極集中し、国内取引所の淘汰(とうた)が起こる可能性も・・・

商品価格は、株価や債券価格との連動性が少ないことで知られています。このため、株式や債券だけでなく商品にも投資資金を振り分ければ、いわゆる分散効果が期待できます。株だけに投資していると、世界の株に分散投資したとしても、世界同時株安が起これば分散の意味が薄れます。

昨年、株だけに投資するのではなく商品にも投資していた人は、世界同時株安によるダメージを軽減できたでしょう。

さて、アメリカの不動産バブルがはじけサブプライムローン問題が長引いているため、昨年後半から世界の株式市場が軟調です。株式市場から逃げた資金の一部が、原油や金など商品市場に流れ込んでおり、原油と金の先物価格が過去最高値を更新しています。

▼リンク先のページの下の方で、原油と金の3ケ月チャートを見ることができます

原油 金 リアルタイムチャート(RealTime Crude Oil Chart & Gold Chart)[世界の株価と日経先物]

なお、大証は2007年7月18日に金価格に連動するETF「金価格連動型上場投資信託 」 【証券コード1328】を上場させています。ニューヨーク商品取引所の金先物価格が上がっているため、当然、大証の金価格連動型上場投資信託の値も上昇中です。2007年8月から右肩上がりのチャートになっています。

このまま、金や石油の価格上昇が続けば、今年、商品価格連動型ETFはブームになるかもしれません。

▼関連記事

東証と東京工業品取引所、商品ETFで協力協定

東証、上海株価指数に連動のETF上場を目指す

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする