ジェイコム男BNF氏、腰痛で歩けなくなるも資産は185億円まで増加 【2007.12.16の日刊スポーツより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が、2007年12月16日付けの日刊スポーツに載っていました。2chに内容の一部紹介がありました↓

2007年の風景 回顧1 ジェイコム男総資産185億円

90 :山師さん:2007/12/16(日) 13:50:32.94 ID:eZt6TSca

「日刊スポーツ」2007 年 12 月 16 日付

1 月の総資産が 150 億円強でしたから、これまでに約 30 億円増やした計算です。
でも、今年は厳しかった……。

10 月後半にも一時、総資産約 185 億円まで達したのですが、その後 1 ヵ月程度で約 175 億円まで減ってしまった。
1 日で 3 億円損した日さえありました。
この時期は食べる気もしないし、体重も 3 キロ減り、本当にキツかった。
何も手につかず、バラエティー番組見ててもつらいだけで、笑えない。
ゲームやっててもつらいし、寝ても 1 時間で目が覚めるという、最悪の状況でした。

最近、腰に激痛が走り、歩けなくなった。
階段も上がれず、家の中もはいつくばって移動してました。
車椅子で病院行ったほど。
毎日パソコンの前に座っていて運動不足だからでしょう。
でも市場が開く時間にははってパソコンの前まで行きました(笑い)。

能力が衰えてきていると感じる。
キレがなくなってきたし、判断力や反射神経が鈍くなってきた。
来年 30 だし、年齢のせいかもしれません。
資金量が、自分の能力をはるかに超えちゃってるからでしょう。
そろそろこの手法の投資も終わりかなと思ったりしますよ。
今後大きく損をしたら、いつ(短期売買を)やめてもおかしくない……。

株をやってると毎日が本当につらい。
でも株やめたとしても、1 億円もうけられる相場の時、手を出さないでいることも同じくらいつらいから結局、「流れ」で続けているようなものです。
趣味もないし、ほかにやることもない。
もともと引きこもり体質なんで、旅行に行って「外」にいるほうが苦なんで。
いくらもうけようという目標もない。
最近 10 億円取り戻しちゃったから、またやめられなくなった(笑い)。

記事の写真を見るに、B・N・F氏のトレード環境は2007年4月時点の環境と変わっていない模様。やはり楽天証券マーケットスピードを使っています。

取材は2007年12月初旬に行われたものです。また、取材時点でのBNF氏の資産は185億円と推定できます。175億円の時点から10億円取り戻したと書いているので。

あと、BNFさんが腰を悪くされているのが心配ですね。BNFさんの体調が悪い様子は、2007年4月に放送された日本テレビ「20年大河バラエティ!の映像で伺うことができていましたが、今もおもわしくないようです。

※BNFさんに関してさらに詳しく知りたい方は、下記のリンク先をクリックして下さい。関連記事を多数収録しています↓

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする