ジェイコム男BNF氏は海外株をやる必要性を感じている 【イートレ長者村より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月1日、イートレ長者村にて、ジェイコム男BNF氏とSBIホールディングスCEO・北尾吉孝氏の対談記事の第2段が掲載されました。

今回の対談でBNF氏についてわかったこと

  • 他人のお金を運用するつもりはない
  • 資産増加に関して目標は立てない
  • 日本株だけの短期売買だと資産200億~300億円くらいが限度かと思っている
  • 今はやっていないが、海外株もやっていかないといけないと思っている
  • ブルドックソースとスティールパートナーズの件で裁判所が買収防衛策を認めたのは、日本株全体にとってはよくないことだった
  • ほかの国の株価はM&Aで上がっている部分があるが、日本は・・・。

対談記事によるとBNF氏は、日本株の短期取引だけで資産を伸ばすことに限界を感じているそうです。今の東京市場の流動性では、取引できる銘柄が限られているでしょう。

海外株をやる必要性を感じているようですが、日本のネット証券には海外株用のリアルタイム・トレーディングツールがない点が、外国株の短期取引に参入する上で大きなハードルかもしれません。

なお、対談記事はまだ続きがあります。今後の配信が楽しみです。

▼参考情報

対談記事キャンペーンページ↓

夢の対談Part2! B・N・F氏と北尾吉孝がマーケットについて語る!

解説

  1. BNF氏・・・170億円の資産を持つ個人トレーダー。詳細はこちら→ジェイコム20億男BNF氏とは?
  2. 北尾吉孝氏・・・SBIホールディングスの代表取締役CEO。詳細はこちら→北尾吉孝 Wikipedia
  3. イートレ長者村・・・イートレード証券ユーザー専用のSNS。運営はSBIホールディングス。SNSとは人と人とのつながりを促進する、コミュニティ型のWebサイトのこと。趣味や嗜好、居住地域、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービス。

     SNSの代表例はmixi。参加に招待状がいるmixiと違って、イートレ長者村はイートレード証券ユーザなら誰でも参加ができる。詳細はこちら→イートレ長者村ウェブサイト

BNF氏と北尾氏の対談を読みたい方は、イートレ長者村にユーザー登録して下さい。。ちなみに、イートレ長者村を運営しているSBIホールディングスは、SBIイー・トレード証券の親会社です。

ちなみに、私はイートレ長者村にユーザー登録をしています。私自身はイートレ長者村内で活動はしていませんが、対談企画記事や北尾氏の日記が読めるのはメリットだと感じています。

▼BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする