逆張りとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆張り [読み:ぎゃくばり]

祐作:先輩、逆張りってなんですか?

兜:ふむ、逆張りとは、相場が悪い時に買う、あるいは、相場が良い時に売ることだな。

祐作:はあ、それは天邪鬼ですね。

兜:そうだな。相場の流れに従って売買するのが一般的だからな。株価が上がっていくところを買い、株価が下がっていくところで売るのを「順張り」という。これとは反対の行動だから、「逆張り」と言うんだな。一般的には、短期売買では「順張り」が、中長期投資では「逆張り」が適していると言われている。「人の行く裏に道あり花の山」という有名な相場格言は、逆張りの視点に立って生まれた言葉だな。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする