ギャップダウンとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャップダウン [読み:ぎゃっぷだうん]

祐作:先輩、ギャップダウンってなんですか?

兜:ふむ、ギャップダウン(Gap Down)とは、前日の終値より当日の始値が安値で寄り付くことだな。チャートでいうとこんな感じ↓



■■
 ■
 ■
  
  ←窓(ギャップ)
   
  ■
  ■□

ギャップダウンは、「GD」「下に窓をあける」「下放れる」ともいうね。

祐作:ギャップダウンは、どんなときに発生するんでしょうか?

兜:ギャップダウンが起こる要因は様々だけど、悪材料が出て人気が急落した銘柄や、株価の下落を読んだ投資家の成行売などにより発生するね。

祐作:なるほど。

兜:あと、日本の市場はアメリカ市場と連動することが多くて、ギャップダウンの要因の一つとなっている。アメリカ市場の取引時間は日本時間の夜から早朝にかけてだから、前日のニューヨークダウが大幅に下落すると、日本市場でギャップダウンする銘柄が出てくることがあるよ。

ちなみに、前日の終値より当日の始値が高値で寄り付くことを「ギャップアップ(Gap Up)」「GU」「上に窓を開ける」「上放れる」などと言うから覚えておくといいさ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする