トップ > 株式用語解説 > ギャップダウンとは (株式用語解説)

2006年07月25日

ギャップダウンとは (株式用語解説)

    このエントリーを含むはてなブックマーク 

ギャップダウン [読み:ぎゃっぷだうん]

祐作:先輩、ギャップダウンってなんですか?

兜:ふむ、ギャップダウン(Gap Down)とは、前日の終値より当日の始値が安値で寄り付くことだな。チャートでいうとこんな感じ↓



■■
 ■
 ■
  
  ←窓(ギャップ)
   
  ■
  ■□

ギャップダウンは、「GD」「下に窓をあける」「下放れる」ともいうね。

祐作:ギャップダウンは、どんなときに発生するんでしょうか?

兜:ギャップダウンが起こる要因は様々だけど、悪材料が出て人気が急落した銘柄や、株価の下落を読んだ投資家の成行売などにより発生するね。

祐作:なるほど。

兜:あと、日本の市場はアメリカ市場と連動することが多くて、ギャップダウンの要因の一つとなっている。アメリカ市場の取引時間は日本時間の夜から早朝にかけてだから、前日のニューヨークダウが大幅に下落すると、日本市場でギャップダウンする銘柄が出てくることがあるよ。

ちなみに、前日の終値より当日の始値が高値で寄り付くことを「ギャップアップ(Gap Up)」「GU」「上に窓を開ける」「上放れる」などと言うから覚えておくといいさ。

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2014年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また11月30日まで、口座開設と株取引で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています(締切間近)

  • DMM FX・・・「DVDのオンラインレンタルサービス」で有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。11月30日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • 外為ジャパン・・・こちらもDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。11月30日まで、15000円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     10月31日まで口座開設とFX取引で、1万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・現金3000円または書籍プレゼントキャンペーンを実施中です。現金プレゼントは12月31日まで。詳細はこちら
     IPOが単純明快な公平抽選ですので、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。逆指値ツイン指値が使えるのでサラリーマンにおすすめ。

  • GMOクリック証券・・・日経225先物の手数料が260円(税抜)、日経225miniの手数料が37円(税抜)となっており業界最安値水準です。また、FXのスプレッドもかなりの安さです。スーパーはっちゅう君というトレーディングツールの利用料が無料。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料となっています。
     また、通常1社につき税抜で200円かかる「会社四季報 最新銘柄レポート」を無料で読むことができます。

  • 安藤証券・・・日経225先物の手数料が1枚あたり240円(税抜)で業界最安値です。株取引の手数料もかなり安くなっています。

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金シェアナンバー1の会社となっています。株式の売買手数料が安く、取り扱っている金融商品の種類が豊富な証券会社です。特にETFの取扱いの数が多い。
     11月30日まで、口座開設と入金で現金2000円をプレゼントするキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • カブドットコム証券・・・逆指値、±指値、W指値など多彩な注文機能が使えます。IPOは単純明快な公平抽選。発注方法が充実しているのでサラリーマンにおすすめ。新規口座を開設するとkabuステーションというトレーディングツールが利用申込の翌々月第1営業日まで無料。

  • エイチ・エス証券・・・12月30日まで株式の取引手数料無料キャンペーン実施中です。IPOが単純明快な公平抽選。2012年IPO上場数46社のうち10社、うち主幹事1社の取扱実績あり。

  • フィデリティ証券・・・投資信託が専門の証券会社です。投資信託に興味がある個人投資家に向いています。フィデリティ投信の投資信託を安い手数料で買うことが可能です。詳細はこちら。NISA口座を開設すると、NISA口座における投資信託の買付手数料がずっと無料となる

  •  

    ※上記の証券会社12社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

posted by 兜達也(かぶと たつや) at 16:32 | Comment(0) | 株式用語解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▼コメントについての注意点のご案内

※宣伝コメントが多くなってきたので、コメントは承認制にしました。私が承認したもののみ表示されます。

※宣伝コメントを避けるために「禁止ワード」を設定しております(例:無料動画)。

※コメントをしたのに何日たっても表示されない場合、禁止ワードにひっかかった可能性があります。

※『匿名』『名無しさん』のコメントは削除させていただく場合がありますので、ご了承ください。