新興市場の株価が壊滅的な暴落

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月18日、新興市場の株価が壊滅的に暴落しました。以下、主要な市場の指標の一覧です。

—————————————————
日経平均 14,437.24 -408.00 (-2.75%)
TOPIX 14,410.00 -380.00 (-2.57%)
JASDAQ指数 90.34 -4.37 (-4.61%)
マザーズ指数 1,176.42 -126.84 (-9.73%)
ヘラクレス指数 1,867.68 -203.35 (-9.82%)
—————————————————

マザーズ指数とヘラクレス指数が10%近くさがっているのには驚かされます。一つの銘柄じゃないですからね。平均で約10%下がっています。数字の後ろに血の色が見えそうです。

今日は、13時ごろにソフトバンクの株価が2000円を割った後、14時ごろには2040円まで回復したので、「13時ごろがセリングクライマックスだったか?」といったん思われました。

しかし、その後ソフトバンクが再び売り叩かれ、あっさり1970円台に下落。ソフトバンクと命運を共にしている新興市場銘柄は崩壊の一途となりました。

ラジオ日経によると「米株式の下落基調やイスラエルのレバノン侵攻による地政学リスクの高まりなどを嫌気して売りが先行」との解説がありましたが、地政学リスクの高まりのせいだったら最近の米国株はもっと下落しててもいいですよね。

日本株がここまで急落するのは、やはり信用取引の買い残の整理がついてないということでしょう。ライブドアショックの後に、リバウンド狙いをして失敗した買い建玉が、最近になって売られていると。

今日は、東証の出来高は概算で20億6384万株と大きかったため、セリングクライマックスの可能性もあるとクロージングベルの出演者が言ってました。しかし、日経平均株価のチャートを見ると下髭が出ていないので、私はその見方には懐疑的です。

ちょっとまだヘッジなしの買い注文オンリーで市場に挑む気にはなれないですね。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする