継続企業の前提に関する注記とは 【株式用語解説】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 継続企業の前提に関する注記 [読み: けいぞくきぎょうの ぜんていに かんする ちゅうき]
  • [同義語 : 継続企業の前提に関する重要な疑義(ぎぎ)]

祐作:先輩、「継続企業の前提に関する注記」ってなんですか?

兜:ふむ、その質問に答えるには、まず「継続企業の前提」という株式用語の説明をしなければならないな。

祐作:お願いします。

兜:「継続企業の前提」とは、企業が将来にわたって無期限に事業を継続し、廃業や財産整理などをしないことを前提とする考え方のことだ。普通の会社は倒産するのを前提にはせず、会社がずっと続くことが前提で事業を行っているよね。

祐作:そりゃ、そうですね。

兜:ただ、企業は「会社がずっと続くことが前提=継続企業の前提」で運営されている組織だけど、経営がうまくいかずに倒産の危機に陥ることもある。

祐作:世の中には儲かっていない会社もありますしね。

兜:倒産のリスクなどで「継続企業の前提」に黄信号が付くと、それを決算短信有価証券報告書で開示しないといけないルールが、2003年3月期決算から導入されたんだ。

 倒産のリスクに関する注意書きは、決算短信に「継続企業の前提に関する注記」または「継続企業の前提に関する重要な疑義」というタイトルで掲載されることが多い。

  つまり、「継続企業の前提に関する注記 = 継続企業の前提に関する重要な疑義 = 倒産のリスクに関する説明文」ということになる。

祐作:なるほど。では、どんな風に経営が悪化すると、「継続企業の前提に関する注記」を決算短信に書く必要が出てくるんですか?

兜:一例としては、下記のようなものがあるよ。

  • 売上高の著しい減少
  • 継続的な営業損失の発生又は営業キャッシュ・フローのマイナス
  • 重要な営業損失、経常損失又は当期純損失の計上
  • 重要なマイナスの営業キャッシュ・フローの計上
  • 債務超過

上場企業の経営者は、自分の会社が1年以内に破綻するリスクが極めて高いと判断したら、決算書の「継続企業の前提に関する注記」で倒産リスクの中身と対応策を明記しなくてはいけないんだ。

祐作:ということは、決算書で「継続企業の前提に関する注記」を書いている企業は経営が危ないということですか?

兜:経営が危険な会社は多いね。しかし、注記が付いた全ての会社が倒産するわけではないよ。例えば、大幅なリストラを実施した結果、ある期間に多額な損失を計上し、「継続企業の前提に関する注記」が付いたけど、翌年には経営計画を達成して黒字になり、注記が消えるようなケースもある。

といっても、「継続企業の前提に関する注記」が付いている企業への投資はハイリスクと言わざるをえないけどね。あと、「継続企業の前提」のことを英語でゴーイングコンサーン(going concern)というから覚えておくといいさ。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2016年7月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。
     9月29日まで、口座開設と入金で現金3000円をプレゼントするキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     7月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です(2016年6月3日現在)。
     また、7月31日まで口座開設と入金で現金2000円をプレゼントするキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする