楽天証券、「iSPEED for iPhone」をバージョンアップ、アプリ内で株式注文が可能に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはiSPEED for iPhoneというiPhone向けの株式トレーディングツールがあります。

6月27日、「iSPEED for iPhone」の最新バージョンであるVer2.0がリリースされました。

iSPEED for iPhone Ver2.0の詳細 – iTunes store

ver1.0のときの「iSPEED for iPhone」だと、操作をしている途中で、楽天証券のwebに飛ばされることがありました。(iSPEED for iPhoneだけ動作が完結せずsafariに飛ばされることがあったのです)。

具体的にいうと、株式の発注をしようとするとブラウザ(safari)に飛んで、そこから注文しないといけませんでした。これが『iSPEED for iPhone Ver2.0』では、アプリだけで株式を直接注文できるようになりました。

また『iSPEED for iPhone Ver2.0』では、株式取引において、通常注文だけでなく逆指値注文逆指値付通常注文にも対応しています。

さらに、楽天証券のPC用トレーディング・ツール『マーケットスピード』に搭載されている『総合サマリー』や『保有銘柄一覧』などの機能をが、本アプリにも搭載されました。保有銘柄の時価評価額や信用取引の維持率など、ユーザーの資産管理に必要な数値をリアルタイムで見ることができます。

また、ロイター速報ニュースや各種チャートを閲覧できます。

以下、楽天証券のニュースリリースからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

iSPEEDforiPhoneVer2top.jpg

アプリ内注文機能と資産・口座管理機能を備えてバージョンアップ!
『iSPEED for iPhone Ver2.0』リリースのお知らせ

 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠雄治、本社:東京都品川区)は、2011年6月27日(月)にアップル社が提供する『iPhone』専用のトレーディング・ツール『iSPEED for iPhone Ver2.0』の提供を開始いたしました。

 今回のバージョンでは、お客様からのご要望が多かった日本株式のアプリ内での発注機能を現物取引と信用取引の双方で対応するほか、お客様の預かり資産残高や信用取引の余力管理など、資産管理機能を拡充いたしました。

 楽天証券では、日本を代表するIT企業である楽天グループの開発ノウハウを活かし、お客様の視点にたったツールの開発に取り組んでおります。今後もこれらノウハウをさらにスマートフォンアプリに注入し、『iPad』や『Android』にも、最新の機能を搭載したアプリを展開してまいります。

■サービスおよびアプリ概要

【ダウンロード開始日】
2011年6月27日(月)

【対応機種】
Apple社製『iPhone』『iPod』『iPad』シリーズ、対象OS『iOS4.0』以上

【今回追加される機能】

1.国内株式(現物取引・信用取引)をアプリ上から注文可能に
本アプリから、現物取引や信用取引の注文が直接行えるため、各銘柄の詳細画面からも直接注文ができるなど、投資情報と注文の連携がスムーズになります。また通常注文だけでなく、逆指値注文や逆指値付通常注文にも対応しています。

2.保有資産のリアルタイム表示
弊社PC用トレーディング・ツール『マーケットスピード』に搭載している『総合サマリー』や『保有銘柄一覧』などの機能を本アプリにも搭載いたしました。保有銘柄の時価評価額や信用取引の維持率など、お客様の資産管理に必要な数値がリアルタイムでご覧になれます。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

iPhone向けトレーディングツールを実際に使用しての感想

私は下記の四つのAPPを、iPhone4にインストールして使ったことがあります。

  1. 松井証券株touch
  2. マネックス証券マネックストレーダー スマートフォン
  3. 楽天証券iSPEED for iPhone Ver2.0
  4. SBI証券SBI株取引 for iPhone

また、マネックス証券マネックストレーダー スマートフォン Android版をS31Tにインストールして使ったことがあります。

私の主観では、一番出来がいいのは松井証券、次がマネックス証券。三番目が楽天証券で、最後がSBI証券です。

まず、「SBI株取引for iPhone」と「iSPEED for iPhone」は株価更新がリアルタイムでないのが残念です。最短で5秒ごとの自動更新となっています。

「株touch」・「マネックストレーダー スマートフォン」 は、株価がリアルタイムの自動更新です。

操作性は「SBI株取引for iPhone」より、「iSPEED for iPhone」や「株touch」や「マネックストレーダー スマートフォン」の方がいいと感じました。

「株touch」も「マネックストレーダー スマートフォン」も軽快に動くので、私は両方とも同じくらい、操作性がいいと思っています。

ただ、「マネックストレーダー スマートフォン」は日経225先物取引ができませんが、「株touch」は日経225先物取引ができるので、総合的に見ると現時点では「株touch」が一番出来がいいのかなと思います。

といわけで、日経225先物取引をやらず株取引しかしない個人投資家は、「株touch」でも「マネックストレーダー スマートフォン」でも、好きな方が使えばいいでしょう。

なお、「マネックストレーダー スマートフォン」のいいところは、iOS版もAndroid版も両方あるところですね。「株touch」はiOS搭載の「iPhone、iPod touch、iPad」でしか利用できません。

▼関連記事

楽天証券、iSPEED for iPhone (iPhoneアプリ)をリリース

松井証券の「株touch」の紹介 iPhoneやiPod touch向けトレーディングアプリ

SBI証券、iPhone向けアプリ「SBI株取引」をリリース

iPhone向け株式取引アプリ「マネックストレーダー スマートフォン(iPhone)」がリリース

マネックストレーダー スマートフォン Android版がリリース (iPhone版もあり)

楽天証券、iPad専用の株式トレーディング・ツール『iSPEED for iPad』をリリース

楽天証券、iSPEED for Androidを7月上旬にリリース

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする