阪神電鉄3日連続ストップ高。村上ファンドによる株式大量取得の影響あり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月27日、阪神電気鉄道の株がストップ高となりました。
9月22日、26日もストップ高だったので3日連続です。
以下、9月27日の一日チャート図です。
■阪神電気鉄道 前日比+98 (+11.57%)
9043-0927.t.gif
チャートを見てもらえればおわかりになると思いますが、27日の前場は取引が成立していました。しかし、午前11時頃になると状況が一変します。
まず、村上ファンドが阪神電鉄の株を27%取得していることが判明。
さらに、日証金が27日に発表した、阪神電鉄の逆日歩が4日で80円というとんでもない数字がだったことがわかり、売り方を震撼させました。
これらの重大ニュースにより、後場は商いが成立せず、ストップ高比例配分となりました。
昨日までは、タイガースのマジックが阪神電鉄の株価に最も重大な影響を及ぼすと考えていました。しかし、今日から阪神電鉄の相場状況は新しいステージに入りました。
明日から、村上ファンドの動向が巨大な影響力を及ぼすでしょう。
【備考】
■9月27日の阪神電鉄の出来高は22,188,000でした。27日から空売り停止規制が発生したのと、後場はストップ高で商いがほとんど成立しなかったため、出来高は26日より落ちています。
■阪神百貨店は9月27日付けで大証1部の上場廃止となりました。本日より株式の売買は行われていません。なお、10月1日に、阪神百貨店の株主について、1株につき阪神電鉄の1.8株が割り当てられます。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする