中国関連株

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国で反日デモが起こっているので中国関連株をピックアップしました。

▼中国における反日デモ関連銘柄

会社名
証券コード
備考
平和堂 東証1部:8276

滋賀県で圧倒的シェアのスーパー。東海や北陸に出店、中国に百貨店進出。ニチリウグループ。

湖南省で大型百貨店を運営する。同省の省都・長沙の店舗でデモ隊が押し入り、略奪などの被害を受けた(2012年9月18日の日経新聞電子版より)。

ファーストリテイリング 東証1部:9983

世界4位のSPA大手。「ユニクロ」を世界展開。「ジーユー」「セオリー」も。M&Aを虎視眈々。

展開する「ユニクロ」の海外店舗は約半数を中国が占めている(2012年9月18日の日経新聞電子版より)。

イオン 東証1部:8267

純粋持株会社、傘下に総合スーパー、専門店、デベロッパー、金融。SC化で集客。アジア強化中。

イオンのスーパー「ジャスコ」黄島店は平日の来店客数が1万人にのぼったというが、デモ隊の乱入で店内を破壊されるなど被害を受け、営業停止。

運営する青島イオンの折口史明総経理は「被害総額は2億元(約25億円)で復旧には3カ月かかる」との見方を示した(2012年9月18日の日経新聞電子版より)。

ユニ・チャーム 東証1部:8113

生理用品、幼児用、大人用紙おむつで国内トップ。ペットケア用品も首位級。アジア、中東に展開。

紙おむつ販売などが中国で伸びている(2012年9月18日の日経新聞電子版より)。

セブン&アイ・ホールディングス 東証1部:3382

国内2位の流通コングロマリット。セブン‐イレブン、ヨーカ堂を核に七つの事業領域を展開。

イトーヨーカドーやセブンイレブンが臨時休業に追い込まれた。

パナソニック 東証1部:6752

総合家電大手。AV機器、白モノ家電が主力。電池などのデバイス事業、照明、住宅設備も展開。

中国山東省青島市で2012年9月15日、反日デモ参加者の一部が暴徒化し、パナソニックなどの日系企業工場に放火し、生産ラインを破壊するなど大きな被害が出た(2012年9月15日の時事通信より)。

ミツミ電機 東証1部:6767

電子部品の総合大手。PC周辺機器主体から大手ゲーム機向け機構部品などへ事業転換進む。

2012年9月17日に、中国山東省青島市の電子部品工場が反日デモの被害を受けたことを明らかにした。従業員(約4000人)に人的な被害は出ていないが、生産設備の一部が破壊、放火された(2012年9月17日の時事通信より)。

同社は任天堂関連銘柄でもある。

▼関連記事

防衛関連銘柄 (有事関連銘柄)

▼参考記事

中国関連銘柄に売り広がる 反日デモ拡大で業績懸念 – 日経新聞電子版(日経QUICKニュース)

▼参考記事2

反日デモ受け、中国で日本企業の休業相次ぐ – 日テレNEWS24より抜粋

9/18 12:32 NEWS24

中国での過去最大の反日デモを受けて、現地の日本企業の休業が相次いでいる。

「イオン」は、山東省青島にある「ジャスコ」黄島店が破壊や略奪などの被害を受け、休業している。「被害状況は調査中だが、損失は最低でも25億円以上になる見込み」と話している。

また、「ユニクロ」が約40店舗、「セブン-イレブン」が約200店舗、「ローソン」が70以上の店舗を休業している。

工場の操業停止も相次いでいる。「トヨタ自動車」は、中国国内の一部の工場で18日の操業を取りやめ、「日産自動車」も、河南省鄭州など2都市の工場の操業を18日まで中止とした他、工場から販売店への車の搬送を見合わせている。「ホンダ」、「三菱自動車」も工場を休業とした。

また、「ライオン」も青島にある歯ブラシなどの生産工場を停止している。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする