クラウンジュエルとは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51

クラウンジュエル [読み:くらうんじゅえる]

祐作:先輩、クラウンジュエルってなんですか?

兜:ふむ、クラウンジュエルとは、買収のターゲットとなっている企業が持つ資産価値、収益力の高い事業部門もしくは子会社のことだな。クラウンジュエルの直訳は「王冠の宝石」だ。資産価値、収益力の高い事業部門を王冠の宝石にたとえているわけだ。

祐作:なるほど。

兜:ちなみに、買収を仕掛けられた企業が保有する重要な資産「クラウンジュエル」をあらかじめ売却し、相手が得られるメリットを小さくすることで買収意欲の低下を図る防衛策のことを「焦土作戦」という。「焦土作戦」の英語表記から「スコーチド・アース・ディフェンス」と呼ぶこともある。
 なお、クラウンジュエルはもともと「王冠に付いている宝石」という意味だけど、焦土作戦そのものをクラウンジュエルと呼ぶこともある。この辺りは紛らわしいね。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする