ジェイコム男BNF氏は暴落相場でも儲けたか? 【2007.8.17の東京スポーツより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が8月17日の東京スポーツ(いわゆる東スポ)に載りました。取材日は2007年8月16日です。記事のタイトルは下記のようになっています。

05年ジェイコム株騒動 誤発注20億円大儲け男、米国株の下落受け暴落相場、儲けたか? 損したか?

記事の内容は、いつもお世話になっているB・N・Fまとめサイトさんで読むことができます。リンク先に飛んで、「BNF、東京スポーツに出演 – 株暴落!あのジェイコム男に近況直撃!」という部分をクリックしてみて下さい。

ちなみに、BNF氏の8月16日時点の資産は約175億円とのことです。記事の写真を見るに、相変わらず楽天証券マーケットスピードを使っています。

また、東スポの記事を参考に、最近の日経平均株価の値動きとBNF氏の損益状況をまとめてみました↓

















































































































日付 始値 高値 安値 終値 BNF氏の損益
2007年8月17日 16,035.38 16,062.59 15,262.10 15,273.68 不明
2007年8月16日 16,296.40 16,296.40 15,859.46 16,148.49 +2億4000万円
2007年8月15日 16,659.07 16,667.36 16,433.30 16,475.61 不明
2007年8月14日 16,824.63 16,855.05 16,747.94 16,844.61 不明
2007年8月13日 16,791.80 16,948.40 16,725.55 16,800.05 +3億6000万円
2007年8月10日 16,923.21 16,948.96 16,651.71 16,764.09 -2億8000万円
2007年8月9日 17,170.36 17,274.33 17,148.95 17,170.60 不明
2007年8月8日 16,930.39 17,085.10 16,911.68 17,029.28 不明
2007年8月7日 17,009.63 17,049.45 16,863.46 16,921.77 不明
2007年8月6日 16,781.14 16,951.98 16,675.39 16,914.46 不明
2007年8月3日 17,019.80 17,102.07 16,913.27 16,979.86 不明
2007年8月2日 16,956.33 16,999.16 16,652.80 16,984.11 不明
2007年8月1日 17,169.20 17,169.20 16,845.54 16,870.98 不明

東スポの記事ですが、取材日が8月16日だったので、BNF氏の8月16日のトレード状況について詳しい状況が記載されています。以下、東スポの記事からの抜粋です。

「全く分からない相場ですね。まさか今日こんなに下がるとは思いませんでした」と B・N・F氏はいつも通り冷静だった。まさかこの下落局面で勝っているなんて事はあるまい。16日の結果はどうだったのか。

 「今日は朝一番に、銀行株を中心に大量に買いつけました。額にして100億円分ぐらいです」という。しかし、同氏の思惑に反して、株価は時間がたつにつれ下がる一方。「損失は一時 1億6000万までいきました」ところが午後1時半を過ぎたあたりから突然銀行株を中心に反転し始める。猛烈な買いが入ってマイナス8%まで暴落していた三井住友FGが一時プラスまで浮上したため「売り抜けた」という。

 結局、損どころか 2億4000万円以上の利益となりトレードは大成功だった。

16日に銀行株を売り抜けているので、17日の大暴落相場でも損はしていないかもしれませんね。

▼BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする