大証の株価が急上昇 ナスダックによるロンドン証券取引所へのTOBで思惑買い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月13日、大阪証券取引所 証券コード8697の株価が前日比+32,000 (+5.95%)の終値570,000円と急上昇しました。

ナスダック市場を運営するナスダック・ストック・マーケットが12日にロンドン証券取引所に対して、TOB(株式公開買い付け)を実施し、敵対的買収に乗り出すと発表したことを受け、証券取引所再編の思惑買いが入りました。

また、欧州最大の先物取引所であるユーレックスのアンドレアス・プロイスCEOが日経の取材に対して日経平均先物の上場に意欲を示したというニュースも材料となりました。日経225先物取引は大阪証券取引所のメインの金融商品なので、欧州の先物取引市場で取引されるようになれば業績に与える影響も少なくないでしょう。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする