トレードステーションの日本株版にOCO注文機能が追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券が、2016年から新しい日本株取引ツール「トレードステーション」のサービスを提供しています。トレードステーションについては、当サイトにおける下記リンク先の記事で、詳しく解説しています。気になる方は、クリックしてください。

トレードステーションの日本株版を使った感想

さて、2016年10月31日から、このトレードステーションの日本株版にOCO注文という発注機能が新しく追加されました。

OCO注文とは注文方法の一種で「指値注文と逆指値注文の2つを同時に発注する注文方法」のことです。一方の注文が約定したときは、約定していないもう片方の注文は自動的に取消されます。

OCC注文について詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事を読んでください。

OCO注文とは (株式用語解説)

以下、マネックス証券のトレードステーションのウェブサイトからの抜粋です。

~~~

新規OCO注文機能をリリースしました!

2016.10.31

2016年10月31日(月)より、トレードステーションの注文機能で、新規OCO注文が使えるようになります。

【トレードステーションのOCO注文とは?】

トレードステーションのOCO注文とは、2つ以上の注文の組合せを発注し、1つが約定すれば残りの注文をキャンセルする、という注文方法です。

一般的に言われる「OCO注文」とは異なり、注文の組合せは必ずしも同じ銘柄同士である必要はありません。銘柄Aの指値買い注文と、銘柄Bの指値買い注文、という組合せも可能です。

今回の機能追加により、例えば以下のようなOCO注文の組み合わせも可能となります。

  • 【ケース1】銘柄Aと銘柄Bの押し目を狙う新規指値買い注文(先にどちらかが約定したら、もう一方を取消)
  • 【ケース2】銘柄Aの新高値抜けを狙う新規逆指値買い注文と、銘柄Bの新安値抜けを狙う新規逆指値売り注文

(先にどちらかが約定したら、もう一方を取消)

tradestation_oco_1

さらに、「カスタムOCO/OSO」というメニューから、OCOの組み合わせを3つ以上の注文で入力することもできるので、注文方法に慣れてくれば、さらにきめ細かな注文も可能になります。

こうした注文は、それぞれ単独で複数発注することもできますが、その場合は未約定注文の数だけ余力が拘束されることになります。新規OCO注文を使えば、発注した組合せのうち、もっとも注文金額の大きい注文1つのみの余力だけを拘束するため、買付余力を効率的に使うことができます。

※OCO注文では、発注した組合せのうち、その時点でもっとも約定の可能性が高いと下記のルールに基づき判定される1件の注文のみ取引所に送信し、余力を拘束いたします。約定可能性の高い注文が変わった場合、取引所に送信される注文を変更します。なお、「トレードマネージャー」画面の「注文」タブにおいては、余力拘束されていない注文も含めてすべて「注文中」と表示されます。どの注文が余力拘束されているかは、同画面の「メッセージ」タブで「確認中」の表示があるかどうかで判別することができます。

約定可能性の高い注文の判定ルール

  • (注文価格-市場価格)/市場価格の比率の小さい銘柄が優先されます。
  • 市場価格は、買い注文の場合は売り気配、売り注文の場合は買い気配を参照します。
  • 上記気配がない場合は、現在値、現在値がない場合は前日終値の順で参照します。
  • 比率が-の注文(市場価格より高い値段での買い気配など)など即時に約定するものが優先されます。
  • 優先度合いが同じ注文があった場合は、注文時の画面入力が上部のものを優先します。
  • 期間指定や制限値幅から外れている注文、失効・取消済の注文は対象外です。

なお、保有銘柄の反対売買のために、利食い用の指値と損切り用の逆指値注文という組み合わせのOCO注文も可能で、トレードステーションでは
このような注文を「ブラケットOCO注文」と呼んでいます。

tradestation_oco_2

~~以上、マネックス証券のトレードステーションのウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

マネックス証券のスマホ版のトレードステーションを使った感想

マネックス証券のトレードステーションにて株取引の手数料無料キャンペーン実施中

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする