SMBC日興証券が「配当金入金お知らせメール」サービスを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月7日、SMBC日興証券「配当金入金お知らせメール」サービスを開始しました。

「配当金入金お知らせメール」サービスとは、配当金の入金をEメールで知らせてくれるサービスです。

SMBC日興証券のオンライン株取引口座で、下記の商品を保有している個人投資家は、口座に配当金が入金された翌営業日に、入金の旨を知らせるメールが送られて来ます。ただし、メールを受け取るには、配当金の受取方法を株式数比例配分方式に設定しておく必要があります。

なお、信用取引や外国株式の配当金についてはお知らせの対象外です。

以下、SMBC日興証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

お客様へのお知らせ

2016年10月7日
SMBC日興証券株式会社

「配当金入金お知らせメール」サービスを開始いたします。

平素はSMBC日興証券をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

10月7日(金)より、「配当金が入金されたことをお知らせしてほしい」といったお客様の声に応えるために、当社のお取引口座に配当金が入金されたことをお知らせするメールサービスを開始します。

配当金の受取方法につきましては「株式数比例配分方式」をご選択いただくことにより、当社のお取引口座に入金されますが、入金された旨の通知はいたしておりませんでした。

当メールサービスにお申し込みいただくことで、配当金が入金されたことをEメールでお知らせいたします。

ぜひこの機会に、「配当金入金お知らせメール」をお申し込みください。

 ~~中略~~

▼サービス内容

当社のお取引口座に配当金が入金された翌営業日に、ご登録いただいたEメールアドレスに配当金が入金された旨を配信いたします。

※国内現物株式(ETF、REIT、優先出資証券を含む)、ミニ株、端株、キンカブから発生した配当金が対象です。信用取引、外国株式の配当金についてはお知らせの対象外です。

※同一日に複数の配当金が入金された場合でも、メールの配信は1通です。

※お取引口座で配当金を受け取るためには、保有銘柄の配当基準日までに、「株式数比例配分方式」のお手続きを終了しておく必要があります。

※本メールサービスのご利用には、オンライントレード(日興イージートレード)の利用契約が必要となります。

【サンプル】

smbc_haito_nyukin_oshirase_001

▼サービス開始日

申込開始日:2016年10月7日(金) 5:00

配信開始日:2016年10月11日(火)

▼ご留意事項

  • 当サービスのご利用にあたっては、オンライントレード(日興イージートレード)利用申込、Eメールアドレスのご登録が必要です。
  • 携帯電話のオンライントレード(日興イージートレード)でのお申込みはできません。
  • お使いの機器や環境により、受信したEメールが文字化けしたり、一部の機能が動作しない場合や画面が正常に表示されない場合があります。
  • 受信文字数に制限のある機種でEメールを受信される場合は、行がずれたり、全文または画面が正しく表示されない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
  • インターネットを経由するEメールは、その仕組み上、着信が遅れたり、届かない場合があります。
  • 本メールサービスの配信元アドレスは「ez_info@mail.smbcnikko.co.jp」です。迷惑メール対策を行っている場合は、当メールアドレスからのメールを受信可能な設定に変更していただく必要があります。

~~以上、SMBC日興証券のウェブサイトからの抜粋~~

SMBC日興証券の「配当金入金お知らせメール」サービスと同様のサービスとしては、楽天証券配当金通知メールサービスがあります。

この手のメール通知サービスは、配当金狙いで株を保有している長期投資家にとっては、かなり便利なサービスです。

メール通知サービスに登録すれば、配当金が入金されると通知が来るので、入金確認のために証券取引口座にログインする回数を減らすことができます。

▼関連記事

会社四季報を無料で読むことができる証券会社

SMBC日興証券は信用取引の手数料が常に無料

SMBC日興証券、現物株取引の手数料を値下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする