SBI証券の夜間PTSが取引時間を拡大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、オンライン証券会社の中でSBI証券だけが、日本株の夜間取引サービスを個人投資家向けに提供しています。

SBI証券の証券取引口座を開設すれば、月曜日~金曜日の夜に、国内株式の取引ができます

さて、このSBI証券の夜間取引(PTSナイトタイムセッション)ですが、2017年7月3日から取引時間が1時間拡大されました。

先月までは夜間取引の取引時間は18:00~23:59となっていたのですが、7月3日からは17:00~23:59となっています。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

PTS取引ナイトタイム・セッションの取引時間拡大のお知らせ(2017/7/3~)

2017/7/3(月)より、PTS取引ナイトタイム・セッションの取引可能時間が広がります!

2017/2/1(水)に、PTS取引ナイトタイム・セッションの取引開始時間を19:00から18:00に前倒しいたしましたが、7/3(月)より、さらに1時間前倒しし、17:00からお取引ができるようになります!

ナイトタイムセッションでは、「取引所」の取引時間外でも世界中のニュースを見ながらリアルタイムにお取引いただけます。

また、多くの企業が15:00以降に決算発表を行いますので、業績内容を確認後、当日17:00からお取引いただくことも可能です。

■取引時間の延長

※SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営するPTS市場では、16:30より取引を行っていますが、当社の注文受付開始時間・取引開始時間は、ともに17:00からとなりますので、ご了承ください。

なお、ナイトタイム・セッションのPTS株価、およびチャートは16:30~更新されます。

■注文受付開始時間の変更

【変更前】~2017/6/30(金) 【変更後】2017/7/3(月)~
インターネット ・モバイル端末

8:20~16:00、18:00~23:59

(PTS取引時間中のみ)
※デイタイム・セッション(8:20~16:00)において受付けた「当日限り」の注文は、当該セッションの取引時間が終了(通常16:00)するまで有効となります。

※デイタイム・セッションとナイトタイム・セッションの間で注文が引き継がれることはありません。 また、セッション間は新規注文、訂正・取消注文はご発注いただけません。

※ナイトタイム・セッション(18:00~23:59)において受付けた「当日限り」の注文は、当該セッションの取引時間が終了(通常23:59)するまで有効となります。

8:20~16:00、17:00~23:59

(PTS取引時間中のみ)
※デイタイム・セッション(8:20~16:00)において受付けた「当日限り」の注文は、当該セッションの取引時間が終了(通常16:00)するまで有効となります。

※デイタイム・セッションとナイトタイム・セッションの間で注文が引き継がれることはありません。 また、セッション間は新規注文、訂正・取消注文はご発注いただけません。

※ナイトタイム・セッション(17:00~23:59)において受付けた「当日限り」の注文は、当該セッションの取引時間が終了(通常23:59)するまで有効となります。

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、SBI証券のPTSでは「月曜日から金曜日の17:00~23:59」だけでなく、「月曜日から金曜日の8:20~16:00」も株取引を行うことが可能です。

SBI証券のユーザーは、他の証券会社のユーザーに比べてPTSがある分、株の売買のチャンスが多いわけです。

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです【PTS】

HYPER SBIとは【株式用語解説】

SOR注文とは 【株式用語解説】

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

SBI証券のユーザーは住信SBIネット銀行の外貨積立を使うことで米ドルを安く手に入れられる

SBI証券のiDeCoで投資を行うメリットとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする