楽天証券、FX取引において「人民元/円」の取扱いを開始【9月26日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

asian currency and magnifying glass (include Korean Won, Taiwan dollar, Chinese Money yuan , Hong Kong Dollar, japanese Yen)

楽天証券が自社のFX取引サービスにおいて「人民元/円」の通貨ペアを新たに追加すると発表しました。この通貨ペアのスプレッドは1.8銭です。

以下、楽天証券の発表文からの抜粋です。

~~~

2016年9月9日

楽天 FX「人民元/円」の取扱いを開始のお知らせ
~業界最狭水準スプレッド 1.8 銭~ 【PDF】

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2016年9月26日(月)から、FX取引※1において人民元/円の通貨ペアを新たに追加することをお知らせいたします。

世界の注目を集め、個人投資家および法人の皆さまの関心が高い中国の通貨、人民元(オフショア人民元※2)の対円FX取引の取扱いを開始いたします。スプレッドは業界最狭水準※3の1.8銭となります。

楽天証券は、今後もあらゆる投資ニーズに即したサービスを提供することにより、一層の顧客基盤の拡大やお客様満足度の向上に努めてまいります。

■◇ 人民元/円  概要◇■

■表示コード
CHN/JPY

■必要証拠金※4
個人のお客様の場合、下記5コースから選択

【スタンダード25倍コース】 想定元本の4%
【レバレッジ10倍コース】  想定元本の10%
【レバレッジ5倍コース】   想定元本の20%
【レバレッジ2倍コース】   想定元本の50%
【レバレッジ1倍コース】   想定元本の100%

(口座開設時の設定はスタンダード25倍コース、ロスカット水準50%に設定)

法人のお客様の場合:取引数量の1%(注)
 (注)小数点以下の端数処理によって若干金額に差が生じる場合があります

■最小取引単位
1,000通貨単位

■通常スプレッド※5
1.8銭

※1 人民元円のリリースは楽天FXのみ対応です(楽天MT4は含まれません)。

※2 人民元には中国本土のみ取引可能なオンショア人民元(CNY)と、中国以外で取引されるオフショア人民元があります。当社が取扱うのはオフショア人民元の対円FX取引です。

※3 人民元/円の取扱いがある株式会社SBI証券、株式会社外為どっとコム、ワイジェイFX株式会社の3社および当社との比較になります(2016年9月現在)

※4 必要証拠金は外貨で表示しておりますが、外貨金額に相当する日本円となります。ビットとアスクの中心値を用いるため、建玉を保有している間、取引レートの変動により必要証拠金が変化することになります。

<必要証拠金の計算方法>
取引数量の最低単位×現在のビッドとアスクの中心値×証拠金率×取引数量÷1,000(小数点以下切り上げ)

※5 原則固定 例外あり

~~以上、楽天証券の発表文からの抜粋~~

▼関連記事

楽天証券、FX取引で楽天ポイントプレゼント キャンペーン実施

楽天証券がFX取引における「米ドル/円」のスプレッドを0.3銭に縮小

楽天証券、FXに「トルコリラ/円」のペアを追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする