岡三オンライン証券、投資信託の購入時手数料を実質無料化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月21日に、岡三オンライン証券が自社で取り扱う投資信託の購入時手数料を実質無料化(ノーロード化)しました。

17銘柄については購入時の手数料が3月21日から完全に無料となりました。

他の銘柄については今のところ購入時の手数料がかかりますが、購入時手数料相当額(税抜)が後日、全額キャッシュバックとなります。

これにより岡三オンライン証券が取り扱う投資信託は、ロード投信・ノーロード投信にかかわらず、実質的に買付手数料が無料となりました。

ただし、ブル・ベア型の投資信託と、ETFなどの上場投資信託は例外的に買付時の手数料がかかるルールになっているので、この点は注意してください。

以下、岡三オンライン証券の親会社の岡三証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

岡三オンライン証券株式会社 投資信託 購入時手数料無料化(ノーロード化)のお知らせ

平成29年3月17日
岡三オンライン証券株式会社

~「ZEROファンド」プログラムスタート~
投資信託 購入時手数料無料化(ノーロード化)のお知らせ

岡三オンライン証券株式会社は、当社取扱い投資信託の購入時手数料を実質無料化(ノーロード化)しますので、お知らせいたします。

第一弾として、下記17銘柄を、3月21日(火)よりノーロード化いたします。これにより、当社取扱い投資信託のうちノーロード比率は46%となります。ロード投信のノーロード化は今後とも推進してまいります。

さらに第二弾として、購入時手数料のかかる投資信託(ロード投信)につきましては、購入時手数料相当額(税抜)を全額キャッシュバックするプログラム(以下、「ZEROファンド」プログラム)を導入いたします。

これにより当社取扱い投資信託は、ロード投信・ノーロード投信にかかわらず、実質的に購入時手数料無料にてご購入いただけるようになります。

ぜひこの機会に、岡三オンライン証券での投資信託のご購入をご検討ください。

1. ロード投信(17銘柄)のノーロード化

下記17銘柄の購入時手数料を無料化(ノーロード化)いたします。
実施日:平成29年(2017年)3月21日 お申込み分より

ファンド名 委託会社名 購入時手数料
HSBC メキシコ株式オープン HSBC投信 3月21日(火)
お申込み分より
購入時手数料
「0円」
HSBC ロシアオープン HSBC投信
HSBC 世界資源エネルギーオープン HSBC投信
みずほ日本債券アドバンス(豪ドル債券型) アセットマネジメントOne
イーストスプリング・フィリピン株式オープン イーストスプリング・インベストメンツ
イーストスプリング・インドネシア株式オープン イーストスプリング・インベストメンツ
ニッセイ日本勝ち組ファンド ニッセイ・アセットマネジメント
ニッセイ日本インカムオープン ニッセイ・アセットマネジメント
フィデリティ・USリート・ファンドA(為替ヘッジあり) フィデリティ投信
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) フィデリティ投信
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド フィデリティ投信
フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド(毎月決算型) フィデリティ投信
フィデリティ・世界高格付け債券ファンド(毎月決算型) フィデリティ投信
YOURMIRAI ワールド・リゾート 三井住友アセットマネジメント
JASDAQ-TOP20指数ファンド 三井住友アセットマネジメント
日本株セレクト・オープン 日本株インカム・ファンド 三菱UFJ国際投信
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 日興アセットマネジメント

詳細につきましては、岡三オンライン証券Webサイトでご確認ください。

2.「ZEROファンド」プログラムの導入

投資信託(ロード投信)をご購入いただいた際の購入時手数料相当額(税抜)を「全額」キャッシュバックいたします。

実施日:平成29年(2017年)3月21日 お申込み分より

<プログラム概要>

内容 対象投資信託をご購入いただいた際の購入時手数料相当額(税抜)を全額キャッシュバックいたします。
対象者 対象投資信託をご購入いただいたお客さま(個人・法人)
対象商品 投資信託(ブル・ベア型投信及びETF等の上場投資信託を除くロード投信)
ご留意事項

■ キャッシュバックについて
・ 対象金額は、投資信託をご購入いただいた際の購入時手数料(税抜)相当額となります。消費税分につきましてはキャッシュバックの対象外となります。
・ ご注文が約定された時点では、通常の購入時手数料がかかります。
・ 対象金額は、ご購入された投資信託の約定日の翌月末までに証券総合取引口座に入金いたします。
・ キャッシュバック実施時に証券総合取引口座を解約していた場合は対象となりません。

■ その他留意事項
・ 本プログラムのご登録は不要です。
・ キャッシュバック金額は、雑所得となり総合課税の対象となる場合があります。詳細につきましては、所轄の税務署等にお問い合わせください。
・ 法令に基づきなりすましや名義貸し等の行為は禁止されています。判明した場合は本プログラムの対象外とします。その他、当社が不適切と判断した場合、条件を満たされていても対象外となる場合があります。
・ 本プログラムは、事前の予告なく内容の変更、又は中止する場合があります。

※本年1月及び2月に実施しました「投資信託の買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン」につきまして、幅広い層のお客さまよりご支持を賜りましたため、制度化するものです。
詳細につきましては、岡三オンライン証券Webサイトでご確認ください。

~~以上、岡三オンライン証券の親会社の岡三証券のウェブサイトからの抜粋~~

岡三オンライン証券ではない証券会社で、1000種類以上の投資信託を扱うネット証券があり、それはそれで存在価値がありますが、岡三オンライン証券のように、買付の手数料を無料に設定できる投資信託だけを選定してくる会社も存在価値があるでしょう。

いろいろな投資信託に投資したい人は前者を選べばいいですし、コストに敏感な人は後者を選べばよいわけです。

▼関連記事

岡三オンライン証券、投資信託の積立サービスを開始

GMOクリック証券が投資信託の取扱開始【2017年3月より】

松井証券、ポートフォリオ提案サービス「投信工房」をリリース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする