kabuステーションに新プラン「Premiumプラン」が追加【2017年4月より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には「kabuステーション」というパソコン用の株式トレーディングツールがあります。

kabuステーションでは、株取引や日経225先物取引TOPIX先物取引などを行うことができます。

さて、そのkabuステーションですが、2017年4月4日から新プランの「Premiumプラン」が追加されます。

「Premiumプラン」では、Fintechプランの機能に加え、「デイトレ板を3枚同時に表示可能」「リアルタイム株価予測画面を2枚同時に表示可能」という機能が追加される予定です。

追加される機能は魅力的なのですが、Premiumプランを利用するにはかなり高いハードルがあります。利用条件が「信用プラチナプラン・ゴールドプラン適用であること、または、前月の先物・オプション取引手数料が10万円以上であること」となっているのです。

Premiumプランを利用できる人は、カブドットコム証券のユーザーの中でも少数派でしょう。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。Premiumプランの詳細について知りたい方は、下記リンク先のPDFの文書を開いて読んでください。

~~~

kabuステーション Ver.5登場!アクティブトレーダー向け超高速発注機能「デイトレ板」を提供【PDF】

~ ワンクリック発注、ショートカット数量入力、AS注文等デイトレードを強力にサポートする操作性向上を追求・最大4面のフル板表示が可能に ~

2017年2月24日

カブドットコム証券株式会社は、2017年4月4日(火)(予定)より、当社お客さま向けのトレーディングツール「kabuステーション」をVer.5にアップグレードし、新プラン「Premiumプラン」を導入いたします。「Premiumプラン」向けへの新機能として、従来のフル板発注画面にワンクリック発注機能やショートカットキー割り当てによる数量指定機能、AS(オートセレクト)注文、VWAPラインの表示等先進的な機能を追加した「デイトレ板」をリリースいたします。

この「デイトレ板」の開発においては、個人投資家の取引判断から発注完了までのプロセスにおける入力動作の検証を重ねることで、最適なユーザーエクスペリエンスを追求いたしました。デイトレード等のアクティブにお取引されるお客さまには、当社サーバーが注文を受注してから最速11ミリ秒(1,000分の1秒)※で取引所への板乗りを実現した当社高速発注基盤「RAIDEN」と合わせ、収益チャンスを逃さない、機動的なお取引をサポートする環境を提供してまいります。

※2017年2月13日~2017日2月19日における当社測定

▼kabuステーション Premiumプラン向け新機能「デイトレ板」概要

「デイトレ板」の提供により、かねてからお客さまのご要望の多かった「フル板情報を複数枚表示してほしい」との声にお応えし、従来のフル板発注画面(1枚)に加え、「デイトレ板」(3枚)で計4枚のフル板情報をご利用いただけます。さらに、従来のフル板発注画面の機能を踏襲した上で、より高速発注やデイトレードにご活用いただける機能を実装いたします。

【デイトレ板のイメージ】

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

昨年あたりから、kabuステーションは機能が拡充される傾向にあります。

なお、kabuステーションは信用取引口座を開設すれば無料で利用が可能になりますが、株取引の状況によっては「Fintechプラン」の機能が使えない点には注意してください。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

プラン名
Fintechプラン
追加提供サービス
  • リアルタイム株価予測
  • フル板表示機能
  • 予想始値/引値機能
  • ストップ高安リアルプレアラート
  • Finatext社ニュース「ソーシャルモメンタム」「リアルタイム消費財ウォッチ」
ご利用条件 信用取引口座または、先物オプション取引口座開設済みかつ、前月、当社全取引における約定回数が1回以上であること

~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

kabuステーションは信用口座開設のみで利用料無料

kabuステーションに「ストップ高安リアルプレアラート」機能が追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする