岩井コスモ証券、信用取引にデイトレフリーを導入【2017年8月1日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩井コスモ証券が2017年8月1日から信用取引にデイトレフリーという新しい手数料体系を導入します。

8月1日からは岩井コスモ証券制度信用取引においてスタンダードコースという手数料体系を選ぶと、デイトレフリーが適用されます。

デイトレフリーでは、信用取引の日計り取引を行った場合、取引手数料が無料となります。さらに1約定の建玉金額が200万円以上の場合は、買方金利や貸株料も無料になります。

なお、デイトレフリーでは建玉の翌日以降への持ち越しが可能です。ただし、建玉を翌日に持ち越した場合は、取引手数料無料や金利・貸株料無料の特典はなくなります。持ち越した場合は、通常のスタンダードコースの手数料体系と金利が適用されます。

スタンダードコースの手数料体系について詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

以下、岩井コスモ証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

信用取引を“自由化”する。岩井コスモ証券「デイトレFree」

「デイトレフリー」 とは、信用取引での日計り取引(デイトレ)向けサービスです。

岩井コスモの手数料コース「スタンダードコース」にて信用取引の日計り取引を行った場合、取引手数料が「0円」、さらに1約定の建玉金額が200万円以上の場合は、買方金利・貸株料も「0%」となり、デイトレにかかる取引コストを大きく低減いたします。

また、取引時に日計り取引を限定しなくてもよいので、相場の変化を判断して建玉を自由に持ち越していただくことが可能です。

「デイトレフリー」の特徴は、信用取引を “自由” にする3つの “free” です。

手数料コース「スタンダードコース」にて信用取引のデイトレを行った場合、往復手数料 “0円 (free)”、買方金利・貸株料 “0% (free)” などのメリットがあります。

また、デイトレするか、建玉を継続保有するかどうかを相場動向を見ながら“自由に (free)” 決めることができるのも特徴です。

 ~~中略~~

「デイトレフリー」 のご利用は、手数料コース 「スタンダードコース」 にて行う信用取引が対象となります。

  • 手数料コース「スタンダードコース」が選択されていること
  • 信用取引口座を開設し、信用取引で取引すること

2つの要件を満たした上で、日計り取引(デイトレ)を行った場合、手数料無料などのメリットを受けることができます。

「2017年7月6日時点 岩井コスモ証券調べ」

※ 当社買方金利 :(制度)2.69% (一般)3.69%(2017年7月6日現在)

※ 当社貸株料 :(制度)1.15% (一般)1.90%(2017年7月6日現在)

(※) 取引手数料は、新規建・返済ともに発生し、買方金利・貸株料は新規建日より起算されます。

~~以上、岩井コスモ証券のウェブサイトからの抜粋~~

「信用取引でデイトレードをすれば、取引手数料が無料」「信用取引のデイトレードで数百万円の取引をすれば金利や貸株料が無料」・・・こういった信用取引のサービスを行っている証券会社は、岩井コスモ証券の他にも何社か存在します。

ただし、他社のサービスでは、無料特典を受けようとすると、取引がデイトレードに限定されます。建玉を持ったまま、取引時間が終わると、通常は翌営業日の朝一で建玉が強制決済されてしまいます。

岩井コスモ証券のデイトレフリーでは、建玉を持ったまま取引時間が終わっても強制決済はされません。通常の取引手数料や金利が徴収されるだけで済みます。この点が画期的です。

岩井コスモ証券のデイトレフリーでは、デイトレードなら取引手数料無料の特典が受けられますし、強制決済がなくデイトレードからスイングトレードへの切り替えができるので、短期トレーダーにとってはなかなか興味深いサービス内容といえるでしょう。

▼関連記事

岩井コスモ証券、現物株取引の手数料 最大2ヶ月間キャッシュバックキャンペーン実施中

岩井コスモ証券が日経225先物と日経225miniの手数料を値下げ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする