五味大輔氏とは? 【株式投資家】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Investment concept. Handsome business man with currency symbols.

 (画像はイメージです。画像素材サイトのピクスタより引用)

五味大輔氏は有名な個人投資家です。資産は2016年7月時点で200億円以上。五味氏の持ち株は値動きが激しい新興市場の株が多いものの、現在でもその資産はゆうに100億円を超えています。

そーせいグループ株ミクシィ株への集中投資で成功した個人投資家です。短期トレーダーではなく長期投資を行っている長期投資家です。

五味大輔氏について詳細を知りたい方は、下記リンク先の日経ヴェリタスの記事を読むことをおすすめします。

株長者 投資の極意 知られざる日本のバフェットたち

2016/7/26 12:00
日本経済新聞 電子版

 任天堂の株価が騰勢を強めた11日の朝。個人投資家の五味大輔氏は寄り付きで買うかどうか悩み、結局は見送った。短期の株高は予想できるが、自分のスタイルである長期投資にはそぐわないという結論に達し・・・

日経新聞の電子版の記事ですが、メールアドレスなどの個人情報を登録すれば、有料会員限定記事を一月に10本まで閲覧できます。

日経新聞電子版のアカウント(IDやパスワード)を持っていない方は、アカウントを作って、上記リンク先の記事を開けば五味大輔氏の人物紹介を読むことができます。

日経新聞電子版の記事を読むと、五味氏が専業トレーダーではなく、昼間は職場で株式投資以外の仕事を持っていることがわかります。日中の株価を頻繁に追うことはなく、誰でも手に入る決算短信や月次情報などの公開情報を活用しながら、株価が大化けする銘柄を探しているようです。

日経新聞電子版の記事でわかる五味氏のプロフィールはここまでです。五味氏についてもっと詳しく知りたい方は、下記リンク先のアマゾンで、たまに売っている紙媒体の日経ヴェリタスを読んでください。紙媒体はアマゾンでは在庫があったりなかったり、そのときの状況で変わります。

日経ヴェリタス 2016年7月24日号 雑誌 – 2016/7/24

日経ヴェリタスの二ページ目の上段半分が、五味氏の紹介記事になっています。

その記事によると、五味氏は小遣いをためた100万円を元手に学生時代に株式投資を始めたようです。西暦2000年頃にはすでに株式投資を開始していた模様(90年代から始めていた可能性もあります)。

最初はデイトレードなどの短期取引が中心がだったようですが、光通信の20営業日連続ストップ安ライブドアショックなどの痛手を受けながら、「集中投資」「業績分析」「長期保有」に重点を置いた長期投資に移行したようです。

信用取引は原則としてやらず、現物株取引を行っているとのこと。

五味氏は誰でも手に入る決算短信や会社決算説明会の資料、月次情報などの公開情報を丹念に調べながら、個別銘柄の調査に力を入れています。目標は「2030年に資産1000億円」ということです。

▼関連記事

ジェイコム20億男BNF氏とは?

資産100億円トレーダーcis氏とは?

億り人とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする