NISA口座をGMOクリック証券から他社に移管する際の手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトで「NISA口座をGMOクリック証券で開設しました」という記事を配信したことがあります。

私は今までGMOクリック証券でNISA口座を利用してきたのですが、事情があって楽天証券へNISA口座を移管するか迷っています。

そのため、NISA口座をGMOクリック証券から他社に移管する際の手順を調べてみました。

以下、私とGMOクリック証券のサポートセンターの方で電話した際のやりとりです。

▼NISA口座をGMOクリック証券から他社に移管する際の手順について

 GMOクリック証券さんのNISA口座にある私の保有株を、他社のNISA口座に移管できますか?

 手順を踏めば可能です。以下、移管する場合の手順です。

  1. GMOクリック証券のNISA口座にある株を、GMOクリック証券の特定口座に移す
  2. GMOクリック証券の特定口座にある株を、他社の証券総合取引口座に移管手続きする
  3. GMOクリック証券からNISA口座廃止の書類をもらう
  4. その書類を他社に提出した後、他社のNISA口座を開設する (完)

上記の手順で、GMOクリック証券のNISA口座にある私の保有株を、他社のNISA口座に移管できるとのことでした。

逆に、GMOクリック証券でNISA口座を継続し、NISA口座にある株をそのまま置いておきたい場合ですが、その場合は、私のマイナンバーをGMOクリック証券に伝える必要があるとのことです。

マイナンバーの情報をGMOクリック証券に伝えれば、2018年以降もGMOクリック証券のNISA口座で株の売買が可能です。

なお、GMOクリック証券のNISA口座にある株をずっと保有したまま、GMOクリック証券にマイナンバーを提出せず、長期に渡って放置した場合、ロールオーバーができないため、その株はNISA口座から証券総合取引口座に移管されるので注意が必要です。

▼関連記事

NISAを継続するのに2017年9月までにマイナンバー提出が必要な証券会社

NISA口座「口座開設キャンペーンの比較表」

SBI証券の成人向けNISA口座では、株取引の手数料が無料となっている

楽天証券のNISA口座では、株取引の手数料が無料となる

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする