大阪取引所が東証マザーズ指数先物など四種類の先物を導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトで日経225先物の取引時間が拡大【2016年7月19日より】という記事を配信しました。

この記事で、大阪取引所が2016年7月19日から「東証マザーズ指数先物」を新規に取扱うということに少し触れたのですが、これ以外にも三種類の先物が新規で取扱い開始になります。

7月から新たに取引ができるようになる先物やオプションの商品は、下記の4つです。以下、大阪取引所の親会社である日本取引所グループのウェブサイトを元に情報をまとめました。

▼2016年7月19日から取引開始の新商品

商品名
概要
詳細
東証マザーズ指数先物 日本の新興株式市場を対象とした指数先物 市場第一部へのステップアップを視野に入れた成長企業向け市場である東証マザーズ市場に上場されている内国普通株式全銘柄を対象とした、浮動株ベースの時価総額加重型の株価指数を対象とした先物取引
台湾加権指数先物 台湾を代表する株価指数を対象とした指数先物 台湾証券市場を代表する指標として知られている、台湾証券取引所に上場されている普通株式の全銘柄を対象とした株価指数である台湾加権指数を対象とした先物取引
FTSE中国50先物 中国本土株式市場と連動性の高い指数先物 わが国における中国株へのヘッジや投資のニーズに応えるため、中国本土の株式市場と連動性が高い香港上場中国株により構成される株価指数であるFTSE中国50インデックスを対象とした先物取引
JPX日経インデックス400オプション JPX日経インデックス400を対象とした指数オプション ROEなど資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸条件を満たした「投資者にとって魅力の高い会社」で構成される株価指数であるJPX日経インデックス400を対象としたオプション取引

東証マザーズ指数先物は東証マザーズ指数に連動する先物です。東証マザーズ指数の値動きが日経平均株価の値動きに比べてずいぶん激しいので、東証マザーズ指数先物の値動きもかなり激しいものになりそうです。

東証マザーズ指数先物は日経225先物取引以上にハイリスクハイリターンの取引になるかもしれません。マザーズ指数を空売りしたいという需要もあると思いますし、一部の個人投資家に人気が出そうな新商品です。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする