カブドットコム証券、「東証ミニTOPIX先物スタート記念!手数料0円キャンペーン」実施

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトで「東証、ミニTOPIX先物取引を6月16日に導入」という記事を配信しました。

ミニTOPIX先物は、東証1部全銘柄の時価総額の変動を示すTOPIXを基にした「TOPIX先物」の最低取引単位と証拠金を従来の10分の1に引き下げたものです。ミニTOPIX先物は、日経225miniのTOPIX版といっていいでしょう。

カブドットコム証券が6月16日から「ミニTOPIX先物」の取扱いを開始することを記念して、「東証ミニTOPIX先物スタート記念!手数料0円キャンペーン」を実施すると発表しました。

2008年6月16日から8月29日の間、「ミニTOPIX先物」「東証REIT指数先物」「TOPIX Core30先物」の手数料が0円になります。イブニング・セッションでの取引も手数料が無料です。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

2008年6月6日

「東証ミニTOPIX先物スタート記念!手数料0円キャンペーン」の実施


~ 初日から「ミニTOPIX先物」「東証REIT指数先物」「TOPIX Core30先物」を取扱。
東証イブニングセッションにも対応~

カブドットコム証券株式会社は、2008年6月16日(月)からスタートする「ミニTOPIX先物」「東証REIT指数先物」「TOPIX Core30先物」を、初日から取り扱う予定です。また、同日から導入される東証イブニング・セッション(夕場)にも初日から対応いたします。

これを記念し、同日から8月29日(金)まで「東証ミニTOPIX先物スタート記念!手数料0円キャンペーン」を実施します。併せて、2008年6月9日(月)に、東京証券取引所と「Tdex(東証派生商品市場)セミナー ~いよいよ登場!ミニTOPIX先物取引!~」を共催します。

当社は、「リスク管理追求型サービス」を掲げ、個人投資家のデリバティブ取引の活用を支援しております。今回は「手数料0円キャンペーン」により、新しい先物取引のスタートを盛り上げて参ります。

  ~~~中略~~~

■「東証ミニTOPIX先物スタート記念!手数料0円キャンペーン」









期間 2008年6月16日(月)から8月29日(金)まで
内容 期間中、「ミニTOPIX先物」「東証REIT指数先物」「TOPIX Core30先物」の手数料を0円にします。
※期間中の約定に限ります。

※イブニング・セッションでのお取引でも適用されます。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

また、カブドットコム証券は、6月16日から先物・オプションの自動売買「逆指値」に「不出来引け成行(不成)」を追加すると発表しました。

以下、同社のウェブサイトからの抜粋です。

2008年6月6日

6/16(月)からデリバティブ(先物・オプション)サービス拡充!
~ 携帯電話のチャート充実/自動売買の逆指値に不成追加/カブマシーン板発注画面など ~

カブドットコム証券株式会社は、6月16日(月)発注分から、先物・オプションの自動売買「逆指値」のアクション(指定した条件に達した場合の注文執行方法)に、お客さまからのご要望の多かった「不出来引け成行(不成)」を追加します。

また、携帯電話の投資情報・ニュースに先物・オプションのチャート(「月足」、「週足」、「日足」、「5分足」)を追加します。加えて6/13(金)夕刻以降のkabuマシーンバージョンアップに伴い、板画面からの発注(板発注)が可能になります。

これにより、例えば「日経平均株価が14500円以上になったら、14500円の買い指値を発注、引けまでに約定しなければ引け成行で買い」といった注文ができるようになります。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225ミニとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする