GMOクリック証券の株roidを使った感想【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.2.5 Last Update!

GMOクリック証券にはAndroidのスマートフォン用の株式取引アプリである「株roid」があります。

私はイーモバイルの「HTC Aria S31HT」というAndroid携帯を持っているので、「株roid」をインストールして実際に使ってみました。

「株ロイド」は日経225先物取引には対応していませんが、株取引を行うことができます。最短1秒間隔の株価自動更新機能が備わっています。ほぼリアルタイムに近い感覚で株価を閲覧することが可能です。

また、自動更新の株価チャート、時系列データや企業情報をはじめ、適時開示情報やアナリストレポートなどを見ることができます。日本証券新聞社が提供するニュースを読むことも可能です。

「株roid」の利用料は無料となっています。

ちなみに、GMOクリック証券には、2013年1月24日からiClick株というiPhone用の株取引アプリが存在しています。二つのアプリは両方ともGMOクリック証券が開発しているので、機能や画面の構成が似通っています。

▼株roidの長所と短所

▼株roidの長所

  1. 最短1秒ごとに更新される板情報(気配値)を見ることが可能
  2. 逆指値注文が使える
  3. 日本証券新聞のニュースを読むことが可能
  4. パソコンとの重複ログインが可能
  5. iPhone&iPad用アプリであるiClick株と画面構成が似通っている。

長所「4」についての補足です。株roidは、パソコン用のウェブサイトやトレーディングツールとの併用が可能です。例えば、パソコン用のトレーディングツールであるスーパーはっちゅう君にログインしていても、株roidにもログインができます。

長所「5」についての補足です。株roidは「iPhone用アプリであるiClick株」と画面構成が似通っています。そのため、iClick株を使っていた人が、株roidに乗り換えても違和感なく利用が可能です。逆もまたしかりです。

▼株roidの短所

  1. 日経225先物・オプション取引に対応していない
  2. 横画面表示には対応していない。(スマートフォンを横向きで置いても、画面が90度に回転しない)

以下、GMOクリック証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

GMOクリック証券 > 取引ツール > 株roid

gmoclick_kabu_roid_001.png

株roid 操作マニュアル【PDF】

gmoclick_kabu_roid_002.png

gmoclick_kabu_roid_003.png

アンドロイド携帯ならではの操作性を活かしたメニュー構成で、銘柄検索~情報収集~注文の流れをスムーズに行えます。ウォッチリストの一覧や銘柄情報の各情報タブは、お客さまの使用頻度に合わせてお好みの順番に並び替えが可能です。

gmoclick_kabu_roid_004.png

gmoclick_kabu_roid_005.png

基本的な注文や逆指値注文に加え、信用取引では建玉指定画面から返済建玉を細かく指定しての注文や現引/現渡も行えます。

▼1 信用建玉一覧

gmoclick_kabu_roid_006.png

返済したい銘柄をタップ

▼2 操作メニュー

gmoclick_kabu_roid_007.png

選択した建玉・銘柄に対する操作メニューが表示

▼3 建玉指定画面

gmoclick_kabu_roid_008.png

数量の細かな指定が可能

▼4 信用返済注文

gmoclick_kabu_roid_009.png

PCと同等の条件を設定して注文

▼5 注文確認画面

gmoclick_kabu_roid_010.png

返済条件を確認して注文確定

▼6 注文受付完了画面

gmoclick_kabu_roid_011.png

受付が完了

 ~~中略~~

gmoclick_kabu_roid_012.png

ご利用料金 無料でご利用いただけます。
取扱商品 株式取引(現物/信用)
ご利用条件

・証券取引口座を開設されているお客さま

・「株roid利用規約」に同意していただけるお客さま

対象機種 NTTドコモ P-01D
Xperia PLAY SO-01D
Xperia ray SO-03C
P-07C
F-12C
Xperia acro SO-02C
MEDIAS WP N-06C
GALAXY S II SC-02C
Optimus Bright L-07C
Xperia arc SO-01C
MEDIAS N-04C
REGZA Phone T-01C
LYNX 3D SH-03C
GALAXY S SC-02B
Xperia SO-01B
SoftBank Vision 007HW
シンプルスマートフォン 008Z
Sweety 003P
THE HYBRID 007SH
GALAPAGOS 005SH
Libero 003Z
GALAPAGOS 003SH
HTC Desire HD 001HT
HTC Desire X06HTII
DM009SH
au MIRACH IS11PT
REGZA Phone IS11T
G’zOne IS11CA
Xperia acro IS11S
HTC EVO WiMAX ISW11HT
IS05
REGZA Phone IS04
SIRIUS α IS06
IS03
対象OS Android 2.1~2.3

※対象機種は順次追加予定です。

※上記対応機種をご利用の場合も、機種依存や端末の設定等により、一部正常に表示されない場合があります。予めご了承ください。

※上記対象機種以外もダウンロードは可能ですが、当社にて確認を行っていないため、動作保証されません。お客様の責任と判断でのご利用をお願いいたします。

~~以上、GMOクリック証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする