姉歯設計事務所と関連がないと表明した株式上場銘柄の一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2006年12月20日、当ページを更新しました
早速ですが、姉歯建築設計事務所と関係がないと表明した会社の一覧を述べます。

<順不同>
■11月26日更新分
アパマンショップネットワーク 証券コード8889
クルートコスモス 証券コード8844
ゴールドクレスト 証券コード8871
大東建託 証券コード1878
東誠不動産 証券コード8923
リサ・パートナーズ 証券コード8924
日本綜合地所 証券コード8878
明和地所 証券コード8869
藤和不動産 証券コード8834
リプラス 証券コード8936
大京 証券コード8840
■以下、11月28日更新分
陽光都市開発 8946
ゼファー 8882
日神不動産 8881
サンユー建設 1841
■以下、11月29日更新分
メッツ 4744
エヌ・ティ・ティ都市開発 8933
SBIパートナーズ 9653
■以下、11月30日更新分
ニチモ 8839
ノエル 8947
human21 8937
共立メンテナンス 9616
日本レジデンシャル投資法人 8962
■以下、12月1日更新分
クリード 8888
ジャパンリアルエステイト投資法人 8952
大和システム 8939
■以下、12月2日更新分
ユナイテッド・アーバン投資法人 8960
ニューシティー・レジデンス投資法人 8965
アドバンス・レジデンス投資法人 8978
セイクレスト 8900
タカラレーベン 8897
■以下、12月7日更新分
サーラ住宅
ジョイント・リート投資法人
プレミア投資法人
ジャパン・シングルレジデンス投資法人
東栄住宅
鈴木工務店
■以下、12月13日更新分
グローバル・ワン不動産投資法人
日本プライムリアルティ投資法人
■以下、12月20日更新分
オリックス不動産投資法人
日本ビルファンド投資法人
DAオフィス投資法人
フージャースコーポレーション
エフジェーネクスト
これはクローズアップ株式管理人が把握している限りの会社ですので、この他にも姉葉氏と関係がないと表明した会社はあるはずです。
「姉葉氏と関係ないと表明したものの実は問題があった」なんて会社が現われたら困るので、投資することは控えておこうと思います。
例えば、大和システムは姉葉建築士とは関係がなかったと表明したものの、「取り扱い物件の中に、イーホームズ株式会社や日本ERI株式会社が建築確認を行ったものが数件ある」と述べています。
姉歯氏が図面を書いていない物件とはいえ、イーホームズ社に建築確認を行わせたことがあるというだけで、ちょっと私は投資対象として見ることができません。
上記の銘柄は、姉葉事務所と関係がないはずの銘柄ですが、逆に姉葉関連銘柄と言えば、シノケン <8909>です。
シノケンの社長は、ヒューザーの小嶋社長と違って、かなりまともな顧客対応を表明していると思います。しかし、シノケンを投資の対象としてみると相当なリスクがあるのは否めないところです。
■当ブログ関連記事
・2005年12月14日イーホームズ、証人喚問テレビ中継中、姉歯氏に検査が甘いと指摘される
・2005年12月07日日本ERI、偽装問題について「設計ミスの問題と思っていた」と釈明
・2005年12月04日耐震強度偽装問題関連銘柄の一覧
・2005年11月29日日本ERIがイーホームズに「偽造の隠ぺい」と指摘される。株価へも影響か
・2005年11月26日姉歯設計事務所と関連がない銘柄一覧
・2005年11月24日アイディーユーの株価が急落 姉歯建設設計事務所問題の影響か
・2005年11月22日シノケンの株価がストップ安
・2005年11月21日シノケン、姉歯建築設計事務所に関連の物件で最大32億円の支出か

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年6月30日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする