東証、ミニTOPIX先物取引を6月16日に導入 カブドットコム証券が取扱い開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、当サイトで「東証、ミニTOPIX先物取引を2008年5月に導入」という記事を配信しました。

ミニTOPIX先物は、東証1部全銘柄の時価総額の変動を示すTOPIXを基にした「TOPIX先物」の最低取引単位と証拠金を従来の10分の1に引き下げたものです。ミニTOPIX先物は、日経225miniのTOPIX版といっていいでしょう。

ミニTOPIX先物ですが、投資家は6万円程度の証拠金で、150万円ほどの高額取引が可能になると思われます(導入時のTOPIXの数値で、証拠金は変わってきます)。

ミニTOPIX先物取引は、当初今年の5月に取引開始の予定でしたが、FujiSankei Business iの記事によると、6月16日に取引開始が決定した模様です。

以下、フジサンケイビジネスアイの記事からの抜粋です。

東証が来月新商品 初の個人向け先物 140万円から 3カ月先値動き対象

FujiSankei Business i. 2008/5/28

 東京証券取引所1部上場株式の3カ月先の全体値動きを対象とする、初の個人向け投資商品が6月16日に登場する。東証が個人投資家の市場参加を促進するために開発した「ミニTOPIX(東証株価指数)先物」と呼ばれる上場商品で、午後4時半から7時までの初の「夕方取引」も導入する。株価が低迷する東京市場活性化の起爆剤になるか注目される。

~~~中略~~~

 ただ、ミニTOPIXが思惑通りに普及するかは不透明だ。東証の斉藤惇社長はネット証券大手の楽天証券などに取り扱いを働きかけているもようだが、上場初日にサービスを提供するのはカブドットコム証券だけ。他社は「状況の推移を見ながら年内を予定」(楽天証券)、「正式に決めておらず検討中」(SBIイー・トレード証券)など当面は様子見の姿勢を見せている。

フジサンケイビジネスアイの記事によれば、ミニTOPIXを上場初日から取り扱うのはカブドットコム証券のみということです。

カブドットコム証券がミニTOPIXの取引手数料などの詳細について発表しましたら、また当サイトの記事で取り上げたいと思います。

▼関連記事

東証、2008年5月にTOPIX先物でイブニング・セッションを導入

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする